ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2024.02.28

マラリア

Pocket

先日の朝日新聞の特集記事はマラリアであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前も書いたように、人間を最も多く殺す動物は

サメでも熊でもなく蚊なのであり、

その中でマラリアの占める割合は高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、この記事にコメンテーターとして登場した

狩野先生はワタシの大学時代の一個下、

ということは妻の同級生です。

スバラシイですね。

この間同窓会で一緒だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医学部には内科学、外科学、耳鼻咽喉科学などの臨床医学部門と、

解剖学、病理学、生化学、生理学、法医学などの

基礎医学部門があります。

ワタシの同級生でも基礎に進んで

生理学や公衆衛生学の教授になったものがいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは臨床を目指していたので

基礎に行く気はありませんでしたが、

生化学や病理学は全く関心はないいっぽう、

寄生虫学はちょっと興味があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワレワレが学生の頃、寄生虫学教室の教授は鈴木守先生で、

教室の研究テーマがマラリアであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 地味な基礎医学の科目の中にあって、

鈴木教授の授業は抜群に面白く、

寄生虫学そのものの興味深さもあって熱心に勉強したものです。

マラリアには熱帯熱マラリア、三日熱マラリア、四日熱マラリア、卵形マラリア、

の4種類があるが、

三日熱マラリアの学名「Plasmodium vivax」の「vivax」は

英語の「vivid」と同じ語源だ、

と授業で教えられたのを今でも覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マラリアが専門ですから教授自身、

東南アジアやアフリカなどの流行地に赴いて

調査研究をしていたわけですが、

大学の研究室でも当然マラリアを「飼育」していたわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハマダラカに刺されると種虫(ヒプノゾイト)が血中に侵入し、

肝臓内で増殖、メロゾイトとなる。

肝細胞を破壊して血中に出たメロゾイトは赤血球に侵入し、

赤血球内で増殖し、赤血球膜を破壊して放出され、

メロゾイトは新たな赤血球に侵入して上記のサイクルを繰り返す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つまり赤血球がマラリアの「餌」なわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、今は、もう時効だと思うが、

学生は寄生虫学教室にこの赤血球を提供することがあった。

実は志願して研究室に行くと、血液をなにがしかの値段で買ってくれた。

形式上はボランティアの採血にたいする謝礼だが、

貧乏学生だったワタシも2回ほど血を売った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 むろん、ワタシはマラリアに罹ったことはないが、

ワタシの血で育ったマラリアちゃんがいたわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのワタシの「血飲み子」が、

マラリア撲滅に対する研究のホンの一部にでも

役立ってくれたことを信じています。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ