ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.11.26

マラドーナ氏、死す。

Pocket

 今年はいろいろな方の訃報が、いつになく多い、

という印象ですが、

今回は、超大物でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アルゼンチンのディエゴ・マラドーナ氏の訃報。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 突然の知らせは衝撃的でしたが

2004年には不摂生と薬物乱用で

一時は集中治療室で生死の境をさまよったこともあり、

ああ、ついに死んじゃったのか、という印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても60歳という年齢は驚きです。

オレより若い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前は今のように海外サッカーの映像が見られず、

三菱ダイヤモンドサッカーを除いては、

海外一流サッカー選手のプレイはワールドカップで4年おきに見る、

ということでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワールドカップが日本でテレビ中継されるようになったのは

1978年のアルゼンチン大会からです。

それ以前のヒーロー、ペレやクライフ、ベッケンバウアーのプレイは、

ワタシは生で見られませんでした。

しかも1978年はワタシ、浪人生活でしたので、見ていません。

ちなみにこの大会のヒーローはアルゼンチンのケンペスでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マラドーナのアルゼンチン代表デビューは

1982年のワールドカップ・スペイン大会から。

これは、大学生でしたので熱狂的に見てました。

家庭用ビデオがまだない時代でしたので、昼間眠かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、よく言われるように次の1986年のメキシコ大会は

一般に言われるように「マラドーナのワールドカップ」でしたね。

この大会で、マラドーナのすごさを実感しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 彼のプレーは、超一流のサッカー選手が競い合う

世界最高峰の大会にあって、

さらにその上をいくまったく別次元のプレーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1990年イタリア大会からは放送は地上波からBSになり、

これに合わせて、我が家はBSチューナー、アンテナを購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前大会優勝の開幕戦で新興のアフリカ勢、カメルーンと対戦、

カメルーンの伝説的英雄ロジェ・ミラの活躍で

0-1と敗れたときのマラドーナは完全に精彩を欠いており、

もう終わったかと思ったら、

なんと、なんだかんだで決勝まで来たのにはびっくりしたものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 4年前の爆発的な個人の突破ではなく、

チームメイトを生かすプレーに成長していた。

FWのカニ―ジャに出すパスの巧みさには舌を巻きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかしその後、しかし1994年のアメリカ大会でドーピング検査にひっかかり

大会から追放されるとともに、代表から引退。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、現役引退後、先に書いたICUからの生還を経て、

今度は監督として復帰。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、彼に監督が務まるはずはない。

なぜなら人に教えることができないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんたって、彼は天才なので、努力や頭を使わなくても

自然と素晴らしいプレーができちゃうので、

どうすればできるかは本人も分かっていないので、

教えられるはずがないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現役時代から練習はしない、監督のいうことは聴かない、

でも、プレーは最高、という困った見本なのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、現役引退後の生活はめちゃめちゃ。

倒れてICUに入った時の体重は122キロだったそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この点、同じサッカーの神様と並び称されるペレとは対照的。

ペレはプレーもスバラシイが、

性格や思想もすこぶる健全で、品行方正、

模範的なスポーツマンであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、マラドーナはアルゼンチン国民には、

圧倒的に愛されていた。

その人気は、ちょっと我々には想像ができないほどであろう。

アルゼンチンのフェルナンデス大統領は、

マラドーナ氏の遺体を大統領府に安置し、

国民は3日間喪に服す、と発表したそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 地球上のあらゆるスポーツの中で圧倒的に競技人口が多いサッカーにおいて、

まるで異次元のプレーを何の苦もなくやって見せたマラドーナは、

そのサッカー以外でのダメ人間ぶりとあわせて、

まさに、神の子、

神様が、この世にもたらした、

最高のブラックジョークなのではないかと、

ワタシは、思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 氏のご冥福をお祈りしますが、

たぶん、天国でも好き放題やって大騒動を起こすんじゃないだろうか。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ