ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.08.01

マダム・ジゼル殺人事件

Pocket

 前にも書いたが最近は自宅の本棚の奥にあった

古い推理小説を再読しています。

これはドラマ版では「雲をつかむ死」という邦題であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 飛行中の旅客機の中で起きた殺人事件を扱ったものですが、

当時の旅客機の客席が少ないので、

ほど良い登場人物の数になるのだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 読もうと思って、裏表紙の登場人物一覧を見て、お、と思う。

ほぼ真ん中あたりにあるブライアント博士は

耳鼻咽喉科医ではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 記憶に残っていなかったが、はて?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このあいだ聴いた耳鼻咽喉科臨床学会での知念実希人氏の特別講演でも

その前2018年の横浜での耳鼻咽喉科臨床学会での海藤尊氏の特別講演でも、

フロアからの質問の中に、

「ぜひ耳鼻咽喉科医を主人公にした小説を」

というコメントがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前も書きましたが、小説、映画、ドラマで医療モノというのは

確立したジャンルで多くの作品があるのですが、

耳鼻咽喉科医の登場は少なく、

まして主役のものは一つもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天才外科医は言わずと知れたド定番ですが、

救急救命、脳外科、小児科、内科、産婦人科、美容外科、皮膚科、病理学、法医学、

監察医、看護師(男性、女性)、薬剤師、放射線技師まであるなかで

耳鼻咽喉科医は出てこない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、期待して読んだのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネタバレになりますが、全然ちょい役で、

しかも耳鼻咽喉科医である必然性はなく、

内科医でも精神科医でも、

そもそも医者でなくてもいい役でした。

しかも、歯科医が犯人だった・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鼓膜切開刀を使った殺人トリックとか、

聴力検査によって暴かれる犯人の偽証、

などという小説、ドラマ、誰か書いてくれないかなあ。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ