ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.05.19

マスク人

Pocket

先日の土曜日に床屋に行ってまいりまして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家から歩いて2,3分なのですが、

家を出るときには今や無意識にマスクをつけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、ふと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これって、どうなんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシは2回のワクチン接種を終えておりますが、

その前からも床屋に行けば散髪中はマスクとるわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、男性の場合ヒゲ剃りがありますからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、マスクして歩いて床屋に行き、

先客がいたのでマスクしたまま待合ソファで本を読んで待ち、

ハイ、どうぞ、といわれてから、

おもむろにマスクをとって椅子に座ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これって、考えてみれば全然マスクの意味ないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、ナゼかこれが自然に思えてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「パンツをはいたサル」は

栗本慎一郎氏の1981年のベストセラーでしたが、

それにひっかけたのか「マスクをするサル」

という本が売れてるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アメリカなどでは2回ワクチン接種を終えた人は

公共の場でマスクをつけなくても良い、

ということになっているようですが、

これに異を唱える専門家もいるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 逆にマスクしてたって、

飛沫はある程度防げるけれど、

エアロゾルに関しては

例えばウレタンマスクはなどは効果ゼロです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風俗、慣習というものは、

時代とともに本質から離れやがて形骸化する。

いわゆる背広、テーラードジャケットの襟は

もともと学生服みたいなツメエリの軍服の前を開いたデザイン。

下襟に残ってるボタンホールはその名残だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2020年以降はマスク装着が

新しい文明人の風俗として定着するのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人前でパンツをはかない人は、

(一部の特殊風俗店内を除き)

世間的には「ヤバいヒト」、とみなされるわけですが、

人前でマスクをしない人は、

来年、再来年のことはわかりませんが、

今のところは「ヤバいヒト」です。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ