ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.07.04

マスクマナー

Pocket

 新型コロナウイルスの影響で、

国民のマスク着用は、日常化し、  

とくに病院に受診する人のマスク着用率はほぼ100%になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院は耳鼻咽喉科なので、口や鼻を見ることが多いため、

問診が終わって、じゃあ、診てみますね、

というとマスクを外す方が普通ですが、

中にはマスクをとってくださいといわないと

外してくれない人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくに鼻水や、鼻づまりなど、鼻の症状でかかる人は、

診察の時、マスクをずらして鼻だけ出す、

という方も多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 のどの炎症や、後鼻漏の有無などもみなくてはならないので、

鼻の症状であっても、特に初診の場合は口内は必ず見ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、お口開けてください、というと、

マスクを外すか、あごまでずらしてくれるのですが、

ある時、ふと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この人たちが診察の時もすぐマスクを外さないのは、

①マスクをするのが今どきのマナーなので、

マスクを外して、相手(ワタシですね)に

不快な思いをさせることを恐れるためか、

それとも

②病院には、ひょっとしたら

新型コロナウイルスがいるかもしれないので、

マスクを外して、自分にうつることを心配してなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 漠然と、ずっと①の理由しか考えていなかったのですが、

あるとき②の理由の人もいるかもしれない、

と、突然気づきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人それぞれで、考え方が違うので、

そう思って見ると、いろいろムズカシイですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的には、セキや、クシャミをしているのでなければ、

別にマスクしてなくても気になりはしませんが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日来院した患者さん。

慢性中耳炎の術後で、半年にいっぺん、耳の処置に来る70代の女性の方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 慢性中耳炎の耳の処置なので、鼻やのどは診ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「あっついんねー、先生。マスク取っていい?」

「暑ければ、取っちゃっていいですよー。」

「あったしゃ、マスク、キライでさー。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳の処置してるあいだずっと、

脳梗塞で3回目の入院をしているご主人の話をしゃべりまくり。

今、病院の面会は予約制でパソコンを通じた「リモート面会」だそうで、

まったく、メンドサいんさねー、なんてことなどを、楽しそうに話したのち

あー、さっぱりした、じゃあ、またくるわ、あははー、

と、ごきげんで帰っていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人によって、感じ方は様々なのですが、

心配し過ぎるよりはこのくらいでもいいのでは。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ