ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.10.24

ホーム2連勝、勢いはホンモノか?


 6-0でベガルタ仙台を粉砕した後のホームゲーム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回はテレ玉で中継アリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、中継のある試合は勝てない、

というジンクスは果たしてどうなるか。

***************************************************************************************

2020年J1第24節

浦和レッズ   3-1    セレッソ大阪 (埼玉スタジアム2002)

   (前半  2-1)

   (後半  1-0)

***************************************************************************************

 首位を独走する川崎フロンターレを追う2位のセレッソ大阪。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今季レッズはすでにこのチーム相手に2敗しており、

ベガルタ仙台のようなわけにはいかないだろうなあ、

と感じていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 28分に先制点を奪われた時には、

ああ、やっぱり、と思ったが、

レッズの選手はそうではなかったようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひるむことなく攻撃を続け、

32分、ボックス内で汰木康也が倒され得たPKを

興梠が決め、同点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして44分に山中の強烈なミドルが

相手DFにあたりコースが変わってゴールイン。

前半のうちに逆転に成功した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、スゴイぞ。

いつもと違うぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半もレッズはますますよくなり、

セレッソは個人で打開するもののコンビネーションがバラバラになり

攻撃が迷走。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 71分に興梠、武藤の2トップに変わって

レオナルド、杉本が投入された直後、

汰木からのパスをレオナルドがシュート、

GKはじくが、そこにマルティノスがいた。

これが決まり3-1。

時間帯を考えても勝敗はこれで決した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このまま行くかどうかワカリマセンが、

チーム状態が上がってきたのは間違いなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これでレッズは勝ち点40で8位。

首位川崎の勝ち点65には遠く及ばないが、

2位ガンバは勝ち点48。

まだまだ上位進出は可能だが、

欲をかくとまたダメなんだなあ、たぶん。

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ