ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.03.04

ホーム開幕戦は順当に白星で

Pocket

 

 朝、恐る恐る診察室のパソコンをみると110人台の待ち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 先々週130人越えの待ち人数があったので、何となくホッとしてしまう、

ってか、コレは感覚がマヒしてるー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、なんだかんだでキックオフの14時の5分前に終了。

******************************************************************************************************

2017年J1第2節

浦和レッズ    3-1     セレッソ大阪  (埼玉スタジアム2002)

     (前半 2-0)

     (後半 1-1)

******************************************************************************************************

 スタートレックの「転送」があれば、瞬時に埼スタまで行けるのに…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日もテレビ中継アリ。

なんと、堂々NHKの地上波である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 セレッソ大阪は今季J2からの昇格組とはいえ、

柿谷や山口ホタルなど日本代表級のプレーヤーがおり、あの清武も復帰した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、その清武と水沼はコンディションの関係で今回は帯同せず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 底力を持つチームだけにこの時期にセレッソと当たったのはラッキーかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合はレッズがJ1上位チームの貫録を見せるポゼッションサッカーでセレッソを圧倒。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくに武藤、興梠、ラファエル・シルバのFW3人が1点ずつをとるというのは、

チーム状態を上昇気流に乗せる意味でもいい点の取り方である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、後半のコーナーからの失点は

パワーのある外国人にニアに走りこまれのヘッドという、

横浜Fマリノスに食らった2点目と同じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 同じパターンの失点はやめてほしい。

ここまで無駄な失点が多いのが気になる今シーズンである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、昇格組からホームゲームで「マスト」の勝ち点3を上げ、

まあ、ホッとしたというところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ次節、しかし、なして金曜日開催なの (T_T)

 

 

 

 

 

1件のコメント

コメント/トラックバック (1件)トラックバック用URL:

  1. あなたのコメント  ナイスゲームです。ラファエル・シルバ 久しぶりに大当たりの外国人ですねー。特にゴール前での落ち着きが素晴らしいです。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ