ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2024.03.30

ホーム初白星、これで勢いに乗りたい

Pocket

土曜日埼スタ15時キックオフのゲームは、

夏場なら何とか間に合うがこの時期はちとキビシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのでDAZNで観戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忘れていたが、アビスパ福岡は昨年のルヴァンカップ決勝で煮え湯を飲まされ、

その後、リーグ最終節でも返り討ちにあった、

因縁の相手であった。

しかもリーグ戦でも2021年以来勝っていないのだ。

写真は審判の後頭部ではなく左下の対戦成績を見てほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッズはトップに興梠慎三ではなくチアゴ・サンタナを起用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ケガによる長期離脱から大久保が復帰した。

 

 

 

 

********************************************************************************************************

2024年J1第5節

浦和レッズ  2-1  アビスパ福岡 (埼玉スタジアム2002)

  (前半   0-1)

  (後半   2-0)
********************************************************************************************************

 

ところが、先制は28分のアビスパ福岡。

なんか、嫌な思い出がよみがえってくるような。

得点者は新加入のシャハブ・ザヘディ。

しかし、まさかあのタイミングであそこから打つとは。

やはりイランの選手は侮れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半は0-1のビハインドで折り返したが、

65分渡邊 凌磨の加入後初ゴール。

酒井からのアーリークロスを見事にダイレクトで決めた。

アルビレックス新潟、モンティディオ山形、FC東京と渡り歩いた彼は

埼玉県東松山市出身で、子供の頃からレッズでプレーすることを夢見ていたという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして69分、エリア内でシュートをはじいた相手DFがハンド疑いでVAR協議。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてオンフィールドレヴューに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

判定はPK。

アレクサンダー・ショルツがいない中、蹴るのはチアゴ・サンタナ。

加入後まだゴールのないストライカーにとってかなりのプレッシャーだ。

しかも、今日も前半から決定機を何回か外してるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、これを冷静に決めた。

ヨカッター。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが決勝点になり、2-1の逆転勝利でホーム初白星を飾った。

行きたかったなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこれから連戦。

右の前田直樹、左の渡辺凌磨とイキの良い新加入の選手がノッて来たので、

このまま連勝といきたいところ。

えっ、町田ゼルビア、また勝ったの?

J2からの昇格でいきなり単独首位かあ。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ