ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.07.03

ホンダF1、13年ぶりの優勝


やりましたね、レッドブルホンダ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

F1オーストリアGPでマックス・フェルスタッペンが

ホンダエンジンとして13年ぶりの優勝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ来るんじゃないかと期待していましたが、

予想より早かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、スゴイレースでした。

フェルスタッペンは予選3位ながら

メルセデス、ハミルトンのペナルティによりスタートはフロントロウ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしスタートのミスで、あっちゅう間に6番手まで後退。

フェルスタッペンもレース後のインタビューで、

スタートで終わったと思った、と言ってましたが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、そこから怒涛の追い上げ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファステストラップを連発し、まずは3位のフェラーリ、ベッテルをとらえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを抜き去り3位浮上。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして2位を走るメルセデスのボッタスと数週にわたりバトル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数回に及ぶバトルの末、今季無敵のメルセデスをかわし2位に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして残り数周でトップを走るフェラーリ、ルクレールに迫る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーストリア、レッドブルリンクは文字通りレッドブルの地元。

オランダ人ドライバー、マックス・フェルスタッペンを応援する

オレンジ色のサポーターにとっては

タマラナイ展開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ルクレールとタイヤをヒットさせながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ついに、トップへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中継中では、この件が審議委員会にかけられる、ということだったが、

けっきょくはレーシング・インシデントとしておとがめなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 チェッカー後、クルマをとめたパーク・フェルメには

ダンケ、ニキの文字とともに

ニキ・ラウダ氏が駆ったフェラーリ312Tと、マクラーレンMP4/2が待っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても昨年来のメルセデスの連続優勝記録を10で止めたのが、

1988年にセナ、プロのマクラーレンMP4/4で達成した11連勝の記録を持つ

ホンダエンジンだった、というところがまたイイじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フェルスタッペンが表彰台に登場した時に

胸のホンダマークをアピールしたことで、

日本にも(ワタシを含め)、彼のファンが倍増したことだろう。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで、10月の鈴鹿がぐっと楽しみになりました。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ