ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.05.04

ホラー映画

Pocket

 ウチの娘はホラー映画ファンらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 らしいというのは、

この娘は小さいころチョー怖がりで、

お化け屋敷や、キモだめしの類は、全然ダメで、

保育園時代、先生がお面をかぶった節分の鬼でも

ビービー泣いてたクチでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻とのラインや電話からの情報では、

一人暮らしを始めてからは

映画館や動画配信などで相当ホラー映画を見てるようだ。

妻の話では小さいころの反動ではないかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレ夫婦は映画の趣味はかなり一致しており、

好きな映画は似通っている。

違いはワタシがアニメ映画は観ないことと

妻が戦争映画を観ないこと。

そして原則として2人とも

ホラー映画、恋愛映画、韓国映画はまず見ないのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コワイのがダメというわけでは無く

コワイSFモノは大好きで

「エイリアン」「遊星からの物体X」「ポルタ―ガイスト」

などは、お気に入りで何回も見たし、

スティーブン・キングのファンで

「シャイニング」や「ペットセメタリ―」なども

好きな作品ではあるのだが、

どうも血が飛び散るスプラッターって奴は苦手です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 別に2人とも外科医である以上、

血が苦手、ってことではまったくないのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 食わず嫌いかもしれないってことで、

スカパーをチェックしてて録画した

「死霊のはらわた」という1981年の映画を観てみました。

ネット上のホラー映画ランキングをいくつかみると

12位、14位、12位あたり。

評価は「ホラー映画の王道」「スプラッター映画を牽引した名作」

となかなか高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、全くツマラナイ。

それほど怖くもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーリーも演出もツッコミどころが多すぎで、

あまりにくだらないので

観たのはよく似たタイトルの別の映画かと思ったくらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、今度は観たことなくても

名前だけは知ってる超有名作品「サスペリア」1977年。

覚えてますよ「決してひとりでは見ないでください」の名コピー。

当時、かなり流行りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらはさらにランキングは6位、7位あたりの上位。

評価も「ホラーの金字塔」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、これも、拍子抜けでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんで、そうくる?

という展開でなんとなくシラケてしまうこと多し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「死霊のはらわた」よりはだいぶマシでしたが、

お粗末なストーリーで、

これがホラー映画の金字塔とは・・・・。

ホラー映画ファン、ワカラナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、今日はジャンル的にはホラー映画ではなく

SF映画、でも怖いヤツ、ということで

1978年の「SF/ボディスナッチャー」という作品を観ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これがかなりオモシロかった。

宇宙から来た生命体が人類をコピーし、

入れ替わり地球を乗っ取るという。

「インベーダー」とか「ビジター」とか

ムカシからけっこうある話ではありますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかしこの手の話は間違いが少ない。

血は飛び散りませんが、コワイ、オモシロイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人と入れ替わったエイリアンは、

完成しちゃうと外見上、もとの人物と何ら違いがない、

というところがコワイ。

子供のころトラウマになるほど怖かった

マグマ大使の人間モドキを思い出しました。

そういえば「鉄人28号」にも似たようなエピソードがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出てくる俳優さんがミスター・スポックのレーナーニモイと、

ザ・フライのジェフ・ゴールドプラムという、

ちょっと人間でないような雰囲気の俳優なのも面白い。

ジェフ・ゴールドプラム氏はのちの

ジュラシック・パークでのマルコム博士で有名ですが、

ワタシとしてはハエ男の印象が強い。

そういえば「ザ・フライ」もコワイSF映画で大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーリーも特に前半はテンポよく、

ぐいぐい引き込まれます。

ツッコミどころが少ないのがストレスが無くイイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中のアクションシーンはいらない気もしますが、

ラストの「オチ」も良く、これはなかなか傑作だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、血が飛び散ってもなんとも思わないから、

一般の人と感覚が違うのだろうか。

いや、やっぱ、そこじゃないような気がする・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、「サスペリア」は1977年、

「SF/ボディスナッチャー」は1978年とほぼ同時期ですが、

主演女優さんが、けっこう似てると思いました。

上が「サスペリア」下が「ボディスナッチャー」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、助かったのはどっちでしょう?

あっ、これってネタバレ?💦

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ