ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.10.05

ベトナム、ハノイ相手に満点のゲーム

Pocket

 都合で記事としては連続ですが、

10月4日水曜日に行われたACLの第2戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相手はACL初出場のベトナムのチーム。

ユニホームに星が6つもついてるので、

国内では無敵の強豪なのだろうが、

ACLのこのグループにあっては

いわゆる草刈り場。

少なくともレッズはホームで

勝点3を取り、できれば得失点差も稼ぎたいところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういうゲームは早い時間帯に先制点を取るのが肝心。

0−0で進むと試合が難しくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その意味で9分のホセ・カンテの1点目は有効であった。

公式記録ではオウンゴールだが、カンテの得点と言っていいだろう。

Jリーグでは出場停止中の彼が、

ACLでコンディションを維持できるのは良い事だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして19分に高橋利樹がボックス内でシミュレーションを取られるが、

VARの検証でこれが逆にPKであることが判明。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これをPK職人ショルツが決め、2点目。

VARって本当にいいシステムだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 37分に高橋利樹が3点目を決めると、

もはや試合はほぼ決定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あとは戦意を喪失した相手からできるだけ得点を取り、

グループステージの得失点差を少しでも有利な方向に稼いでおくことだ。

それに応えて65分にコーナーキックから、

関根がヘッドで叩きつける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初は身長185センチのホイブラーテンのゴールかと思ったが、

身長167センチの関根貴大のヘッドであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして69分に得たこの試合2つ目のPKは

ショルツで無く、ホセ・カンテがボールをセットした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何となくナーバスなアプローチから

PKが止められる予感はあった。

果たしてシュートはキーパーにブロックされたものの

ボールはカンテの前に転がったので、

ゴールをゲットすることができた。

良かったね。

この写真見ると、改めて14番関根、小さいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして85分には、この試合がレッズデビューとなった、

タイ代表エニカット・パンヤがゴールを決め6−0。

タイ人プレーヤーとして、隣国ベトナムのチームからのゴールは

何か感慨があるだろうか。

まあ、移籍して、まず結果を出した、という喜びが1番であろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、対ハノイ戦は、

エース、カンテの好調、大量得点による勝ち点3、

新加入エニカットの初ゴールと、

すべての面で満点の試合であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ