ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.06.22

プールのない夏


 そういえば、今年は小中学校のプールの授業が中止らしい。

日本全国かは分からないが、少なくともこの近隣では

各自治体とも中止を発表しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かわいそうですねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やってやれないことはないとは思うんですが、

なんたって最近の小学校、教育委員会は

「ことなかれ主義」だからなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともとプール授業なんてメンドクサイところに

「何かあったら困るから」ということで、

腰が引けているんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プールの授業って、とくに小学生のころは

ちょっとしたイベントで、

盛り上がった記憶アリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 低学年のころは教室で着替えたので、

いきなりチ〇コ出すやつとかいて、

始まる前からぎゃあぎゃあウルサイ。

(オレじゃないっすよ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 水着と帽子は学校指定だが、

バスタオルは指定はないので、キャラクターを見せ合ったり、

スーパーマンのようにマントにして走り回ったり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今と違って、スイミングスクールなんかないから、

プールに入る、ということがそもそもワクワクでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、シャワーが冷水だったのと、

さらにそのあとプールに入る前の消毒槽に

何十秒かつかるってのが「苦行」でしたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの「消毒槽」は、大した消毒効果なし、ということで

2001年に廃止されているらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、もっと早く「ファクトフルネス」が導入されていれば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 水泳の授業は担任の女の先生でははなく、

男の怖い先生が担当することが多かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 暑い日の4時間目のプールだと、

給食の冷凍ミカンがやたらおいしかったのですが、

時には曇った日の1時間目からプールなんてこともあって、

あれは、つらかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小中学校の同級生のYくんは、

太っていてあだ名は「デブカン」でした。

肥満体のため陸上での運動はからきしダメだったが、

水泳だけは抜群にうまく、

夏休み明けの水泳大会では、常にクラスのヒーローでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんていう、数々の思い出が作れないのは、

ちょっとカワイソウ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、一番楽しい思い出は、

シーズン前のプール掃除だったかもしれないなあ。

デッキブラシでアイスホッケーして怒られたっけ。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ