ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.01.25

フタマタウイルス


風邪症状で来院したお子さんのお母さんが

「保育園で「気管支二股ウイルス」が流行っているらしいです。」

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「気管支フタマタウイルスです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二股???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一瞬「肺炎双球菌」のことかと思ったが、

はっと、ひらめいた。💡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フタマタではなくてヒトメタ

ひょっとしてヒトメタニューモウイルスでは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも、そうらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヒトメタニューモウイルス」(hMPV)は

2001年に見つかった比較的新しく認知されたウイルスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呼吸器の風邪を起こす「RSウイルス」に似たウイルスといわれ、

感染様式や症状もよく似ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1回の感染で終生免疫ができないのも同様で、

大人になっても感染し、生涯を通じて何度も感染します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生後6ヶ月頃から感染し、

2歳までに50%、10歳までにほぼ全国民が感染するといわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RSウイルスと同じく発症者のくしゃみや咳による飛沫感染や、

ウイルスが付着した手や鼻、物に触って移る接触感染などによって、

ヒト→ヒト感染で拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RSウイルスが秋口から春先まで流行するのに対し、

2月から6月が流行のピークといわれますが、

昨今では感染症の流行期は

他のウイルス疾患を含めあいまいになってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迅速キットは6歳未満に保険適応があります。

(RSウイルスは1歳未満)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらにせよ、特効薬はなく、

安静、水分・栄養補給などの対症療法のみ。

休んで寝て治す病気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中耳炎を合併することも多いので、熱が長引く場合は要注意です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても「フタマタ」は、無いなあ・・・・。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ