ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.09.04

フォードGT40Mk.Ⅱ

Pocket

 ネタが無くなると模型ネタが出るのですが、

今回はコイツだ。

そーです、以前書きました映画「フォードvsフェラーリ」に登場した

「フォードGT40Mk.Ⅱ」1号車ケン・マイルズ仕様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、ヤフオクで入手してしまいました。(^^;)

一時高値でしたが、値崩れを待っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カラーリングは一見、ガルフブルーを思わせるくすんだ水色ですが、

この時はまだガルフ石油とのスポンサードタイアップは無く

資料で見るとガルフブルーよりはかなり明るい色です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画でストーリーを知ると、またひとしおです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、実際に優勝したのは、

ブルース・マクラーレン、デニス・ハルムの駆る2号車でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この2号車はもう20年以上前に作ったので

ホコリをかぶっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストックにあった、3号車も完成させました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドライバーのダン・ガーニーはA.J.フォイトともに

フォードGT40Mk.Ⅳで翌1967年のルマンを征します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ルーフには座高の高いダン・ガーニーのための

「ガーニー・バブル」があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的にはこの赤の3号車のカラーリングが好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、ついでにフジミから発売されてる箱違い、

5号車、6号車もヤフオクでゲットしてしまいました。

5号車はゴールド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6号車はメタリックブルーで、

コブラなどでよく見られるアメリカのレーシングカー伝統の色。

一方は作りかけ、もう一方は説明書欠品だったので

格安で入手できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1号車、5号車、6号車は

ボンネットに歌舞伎の「隈取り」みたいなペイントが施されています。

しかも皆少しずつ形が違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく24時間レース中の車体識別のためだと思われますが、

カッコ悪いので個人的には無い方がいいと思いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、24時間レースのフィニッシュシーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この順でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フォードはフェラーリに勝つために

このフォードGT40Mk.Ⅱをなんと8台エントリーしたという。

まさにアメリカ的物量作戦。

となると、あと3台あるわけだが、モデル化はされていない模様。

たとえあっても、もういいかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でもデイトナ仕様やセブリング仕様はちょっと作って見たいかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

3件のコメント

コメント/トラックバック (3件)トラックバック用URL:

  1. こんばんは。いつもブログを興味深く拝読しています。先生のフォードGT40愛、凄まじいですね!私は映画を観て好きになり、以前にコジマレーシング仕様を、最近再版されたのか定価より割引価格で1号車を購入しました。しかし他のプラモ同様積んだままで手付かずです。小学生の頃にF1やスーパーカーブームが直撃して、マクラーレンM23やタイレルP34、ポルシェ935などが大好物でした。

    先生は日々の診療活動の合間に模型製作のほかスポーツ観戦やトレーニング、バンド活動や料理にレジャー等などとても行動的で、自分も見習わなくてはと感服いたしました。

    さて、モンモデルよりビッグスケールの1/12が発売中で、1/24も今月発売の様です。こちらはすでにチェック済みでしょうか。私には完成させるのが難しい代物ですが…

  2. 赤城レッドサンズさま
    コメントありがとうございます。
    フォードGT40愛というよりはあの時代のレーシングカーが好きなのです。
    ワタシの小学校低学年から中学年ころ、ハマっていた時代です。
    モンモデルの1/12はチェック済みですが、
    高いのと、製作にやたら時間がかかりそうなので今のところは手を出さずにいます。
    他にもストックが多くて・・・。

  3. コメントをありがとうございました。当初フォードGT40を複数制作されたので圧倒されましたが、過去のブログを読み返すとほかにロータス49シリーズやポルシェ917Kなど複数購入、完成させていましたね。あの時代の車、私が小学生の頃はすでに(失礼ながら)旧車と感じてしまい、あまり興味はありませんでした。しかし先日もNHK BSで放送された映画「栄光のル・マン」を数年前に初めて見て、ピットインするマックイーンの917K20号車のエンジン冷却ファンが止まる様子で一気に魅了されました!

    私が複数買いしたスケールモデルは、スズキ・カタナの1100ccと750cc、ヤマハRZ350と250、マクラーレンM/P4のセナとハッキネン搭乗マシン、タイガーⅠヴィットマンとカリウス仕様、F14トムキャットのハセガワ、フジミ、ファインモールド、1/48のタミヤ等ですね。さすがに5台を作り比べは過去にもありませんでした。今後の制作記も楽しみにしています。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ