ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.03.02

フィルター

Pocket

オミクロン株になってから幼小児にも容易に感染するようになり、

保育園での感染を中心に2歳3歳4歳あたりの陽性者も

増えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんせこの世代は、マスクできないし、予防接種もしていない。

会話や接触を自粛することはあり得ない。

すこしノドが痛い、アタマが痛いなどと言う症状は表現できないし、

何よりもまた、コロナでなくてもちょくちょくネツを出す年頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような子には、

病歴や中耳炎、溶連菌の有無などを確認したうえで、

疑いがある子には躊躇せずハナに綿棒を突っ込んでPCR検査をしますが、

また、けっこうこれが陽性に出るのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこういった現状から逃避している医者もあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3歳の子が発熱、

嘔吐もあったので某小児科で胃腸炎といわれたが、

保育園に通っておりネツが下がらないため

コロナの可能性はどうですか、と親が尋ねたところ

市販の抗原キットを買って調べてください、

と言われたとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マジか。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医者の言葉とも思えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何回か書きましたが、抗原検査の陰性は陰性証明にはなりません。

いっぽう、医者の立会いのない市販キットの陽性は

コロナの診断にはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お母さんは言われた通り市販のキットを買って調べたら陽性反応。

困って保健所に相談したら、当院を紹介されたとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそく確認のためPCR検査を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日判明した結果は、陽性でした。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その晩から、お母さんが39℃の発熱があったとのことで、

こちらは娘さんの結果を踏まえてみなし陽性と診断しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんを通じて、他に広がっていないことを祈る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先の陰謀論の医者もそうだが、

コロナという災厄がある種のフィルターになって、

ヤバイ医者、ダメな医者があぶりだされてくるようです。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ