ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.04.28

ファントムF.3


そして、またまた「ファントムⅡ」。

これはイギリス空軍のファントムFGR.Mk3。

通常「ファントムF.3」と呼ばれている。

イギリスのファントムといえば

以前作ったファントムFG.1が

エンジンを自国製のロールスロイスエンジンに換装していたが、

これは、中身はほぼアメリカ空軍のF4JファントムⅡ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1984年のフォークランド紛争で、現地にイギリス空軍が派遣されたため、

手薄になった本土防空網の穴埋めのため、アメリカからF-4Jの中古を輸入。

なのでエンジンはアメリカ製のGEのまま。

塗装がイギリス空軍のいわゆるロービジになっています。

実機写真、うーん、のっぺりしていて地味ですね。

トラさんマークが唯一のアクセント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、前回、前後分割になっている胴体の継ぎ目の整形に苦労したハセガワのF-4。

今回は迷彩ではないので、スジ彫りを生かしたいが、

パテ盛りで消えたスジ彫りを彫り直すのはイヤダ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、説明書の順番ではなく、先に前後の胴体を面一になるように合わせてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあと、コックピットを組み込んで、

左右の「前半部分」だけを接着。

コックピットから後ろはまだ接着していないのでパカパカです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、前半分が固定されてから、今度は後半部を接着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが、大成功。

ご覧のようにパテは極小で済みました。(緑の部分)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 機体はロービジなので、上面色と下面色はぼぼ差がない。

モールドを埋めないように厚塗りは避けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回のF-4よりは、だいぶ時短で完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 機首のレドームと、機体色は同じですが、

光沢を変えてアクセントをつけました。

機首の部分だけクリアーを吹きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 効果出ています。

ちょっと違う色に見えますが、つやの違いだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても地味な塗装です。

まあ、ドラマなんか見てもイギリスの空はいつもこんな感じで 

どんよりしてるからなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この機体はおそらく隊長機なので垂直尾翼がグロスブラックだが、

一般的には、ここもどんよりしたグレーの単色。

トラさんマークもそんなに強そうではないし、ビミョーだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロービジの国籍マークはアメリカ軍だとブルーグレーの単色になりますが、

イギリス軍のような蛇の目マークは単色にしちゃうと

フランス軍でもイタリア軍でもみんな同じになっちゃうので、

本来のユニオンジャックの赤と紺の彩度を落としてパステルカラーにしてるんですね。

この2色の組み合わせは「サガン鳥栖」のチームカラーですね。

現在20億円の赤字でチーム存続の危機ですが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、今回はミサイルが調達できず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サイドワインダーもスパローもない「丸腰」です。

別売のミサイルを買うのはなんかクヤシイので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、フォークランドでドンパチやっていても

英国本土は戦場ではないので武装は無しで・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コックピットはまあこんなもん。

キャノピーのバックミラーは

裏からシルバーを塗ってちょっと鏡っぽくしてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このファントムはロールスロイスエンジンに慣れた整備兵からは不評で、

空軍では先に就役したロールスロイスエンジンのFG.2より、

早く退役してしまったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、この前後を先に接着しちゃう方法でうまくいったので、

この工程でいけば、もう、ハセガワのファントムⅡは怖くない。

つぎはいよいよ本命のアメリカ海軍仕様に挑戦か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このペースでいくと意外と早いかも。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ