ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.06.17

ファクトフルネス


NHKの「あさイチ」で紹介されたこの本、

アマゾンで注文したら、しばらく在庫切れでしたが、

先週、入荷し、手に入れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、読んでた本があり、先に妻によまれてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと読むことができましたが、

これが、実に面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小説以外の、こういったいわゆる実用書って、

あまり読まないのですが、これは読んでよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファクトフルネスとは

「fact」(事実)と「fullness」(満ちること)を

くっつけた著者の造語ですが、

要するに「データや事実に基づく(理解)」

というような意味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新の数字や統計の基づくデータに基づいて、

先入観を持たず謙虚に事実を認識し、

それによって世界を正しく認識しよう、

ということがこの本の趣旨です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいかえれば、我々が過去の知識や、思い込みによって、

いかに誤った認識をしているか、

ということを教えてくれる内容です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読み進めるごとにいちいち腑に落ちる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クイズ形式で、ファクトフルネスを読み解いていきますが

例えば、こんなクイズです。

世界の1歳児で、なんらかの予防接種を受けている子供はどのくらいいる?
・A 20%
・B 50%
・C 80%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この手のクイズ、問いかけは、

多くのニュース報道や、ドキュメンタリー番組、

ルポルタージュや、週刊誌、新書などでよく目にする、

常套的な手法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのほぼすべては、

(あなたが考えているより)現状はこんなに深刻なのです、

ということを強調するための問いかけなので、

普通、答えは最悪の事態、

この場合ならAの20%を正解に持ってくるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、視聴者、あるいは読者は、

Bの50%くらいかと思ったが、そんなに現状はひどいのか、

と感じ、インパクトを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それとともに、ワタシが住んでる国は、

みんな予防接種をしているので、良かった、

と思うわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、このクイズの正解はCの80%。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、予防接種が受けられない地域もありますが、

それは、この10年、20年でどんどん減っている。

世界はあなたが考えているほど悪くない。

むしろここ最近で、どんどん良くなっている、

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのことを、イメージや、断片的な情報、過去の知識ではなくて、

最新の公正なデータを正しく読み解くことによって理解する重要さ

を説いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、そういった誤った認識に陥りやすい状況を

10通りのパターンに分けて、解説しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この本を書いたハンス・ロスリング氏は

スウェーデンのお医者さんで、公衆衛生学が専門です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医者というところにも親近感がわきますが、

その語り口もユーモアとウイットに富んでいて

大変好感が持てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この手法は、近年、医学の分野でよく言われる

「Evidence Based Medicine」のコンセプトを、

さらに拡大させたものといってもいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスマンにもジャーナリストにも政治家にも

そして、できればこの本にある「レベル4」の国々の人全員に、

ぜひとも読んでいただきたい名著です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくに、新型コロナウイルスの世界的流行によって、

さまざまな情報がマスコミやネットからあふれる今こそ、

一人でも多くの人が、この本を読んで、

データを冷静に分析して、正しく現状を理解するスキルを

身につけなければいけないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ