ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2009.07.07

パンク・イズ・グレイト・インヴェンション

Pocket


 先週末は足利のライブハウスGOKURAKU-YAで我が「CRP」のワンマンライブ。
 今回はドラムの野口先生の提案で
「梅雨空をぶっ飛ばせ、怒涛の70年代ロンドンパンク特集」
という、ある意味無謀な企画。
 いやー、あつかったっす、いろんな意味で。
前半から、ピストルズ、クラッシュ、ジャムなどガリガリにとばすとばす。
土井先生の汗を見よ。
冷房きいてんのか、この店。
P7040110_ks.jpg
 しっかし、50代でパンクはきつい。
間奏のギターソロもほとんどないし、バラードもないので
リード・ボーカルは休む間がない。
 結果的に曲間の喋りが多く、ナサケナイ。
ガキのころは曲名も紹介せずダダダダとぶっ続けでやったもんだ。
 でも、後半になり、アンコールまで来ると、これはもう一種の「ランナーズ・ハイ」。
巻き舌で「God Save The Queen」を歌う頃には
「ああ、パンクってなんて気持ちいいんだろー。」というエクスタシーに達してしまう。
 うーん、ピストルズは偉大だ。
 ちなみに「God Save~」
発音はもちろんコックニー訛り(*)で
「がっど、さいヴ」ですぜ。
 当日はたくさんの皆様のご来場、まことにありがとうございました。
(*)コックニー訛りとは英語のロンドンの方言。
まあ、「こちとら江戸っ子でえ、べらんめえ」、みたいなもんか。
コックニーも「カクニー」と発音するらしい。

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ