ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.02.17

バスクリン

Pocket

 

 一時暖かくなって花粉が飛んだりしたんですが、また寒さが戻るとの予報もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サムイ日はあったかいお風呂、入浴剤イイですよねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近ワタシは断然「バスクリン」派。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一時は花王の「バブ」とか、

より値段の安い類似商品「バスロマン」とかも買いましたが、

ここ数年は「バスクリン」なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その主たる要因は、スキージャンプ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくに高梨沙良ちゃんのボーシはインパクト大であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 元来、コマーシャルに弱いテレビ世代、

カメラはキムタクがキライなのでニコンは絶対買わず、

宮崎あおいちゃんのオリンパスというワタシである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、ムカシから入浴剤といえばバスクリン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入浴剤の元祖バスクリンの発売はなんと戦前になるという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さすがにこれは知らないが、

ワタシが子供のころ、入浴剤といえば

バスクリンしかなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時は今のような容器でなく、

サクマのドロップスを一回り大きくしたくらいの缶入りであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これこれ。

ちなみの当時はこの「ジャスミン」なるものを知らず、

ジャスミンは商品名だと思っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時の会社名はは「津村順天堂」。

「文明堂」とか「ヒサヤ大黒堂」とか、

「~堂」はかつての信頼のブランド(?)

ちなみにそのころ「任天堂」はまだテレビゲームもなく

トランプと花札の会社であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この缶の「バスクリン」、半分くらい使うと缶の中で湿気って固まってしまっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、この当時、おそらくバスクリンは夏の熱い時期に

さっぱりとお風呂に入るためのモノであり、

その当時のバスクリンの「季語」はあったとしたら「夏」であったように思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「花火見る、パジャマの残り香バスクリン」

おお、一句できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、くだんの沙良ちゃん、最近大人っぽくキレイになったと評判です。

ワールドカップ最多勝、さすがです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 専用のコーチのほかに専用のメイクついたのかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、スポーツ選手もオシャレだったり、カッコよかったりするのは大歓迎なので

この調子でピョンチャンオリンピックも頑張っていただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近こんな製品もあるようなので、

ボーシのロゴもこの際「大人のバスクリン」に変えてみるのも手では?

 

 

 

 

 

 

 

 

1件のコメント

コメント/トラックバック (1件)トラックバック用URL:

  1. […]  さて、今夜も「バスクリン」、か? […]

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ