ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.04.02

ネットテレビ初戦は首位相手に勝利

Pocket

 

 花粉症もヤマを越したが、それでも遅い時間の土曜のランチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日のチョイスは牛がチームマスコットのヴィッセル神戸に「カツ」ために

「ビーフカツカレー野菜トッピング」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、今季スカパーによるJリーグ中継がネットテレビ「DAZN」にとってかわられた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、開幕以来レッズ戦はテレ玉、NHK地上波、NHK-BSなどの中継があり、

どうにかこうにか「食いつないで」きたが、ついにツテが底をつき、

そのネットテレビに加入しなければならなくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は前節、すでにレッズのテレビ放送はなかったのだが、

前節はガンバ大阪戦で直接大阪まで行ったので、2週間「延命」できたというわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうせ加入しなければならないことはわかっていたが、少しでも引っ張れば、

「1カ月の無料体験」をより有効に用いられるため。セコイ・・・(^-^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 メールアドレスとクレジットカードを入力し、キックオフ20分前に見られるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 心配された画像もまあ、大丈夫か。

 

 

****************************************************************************************************************

 2017年J1第5節

 ヴィッセル神戸  1-3    浦和レッズ (ノエビアスタジアム神戸)

      (前半 0-0)

      (後半 1-3)

****************************************************************************************************************

 実は、アウェイの神戸戦はリーグ戦に限っていえば2007年に勝って以来、

9年間勝ってないという「鬼門」でもあり(レッズ鬼門多いなあ・・・)

その神戸今シーズンは絶好調で唯一開幕4連勝で首位である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかもレッズは今期4試合5得点のラファエル・シルバを故障で欠く布陣。

それでもこの時期当たるのはポドルスキー加入前、という点ではラッキーである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合は前半レッズはポゼッションで大きく上回ったが

これは「持たされていた感じ」で

ある意味ネルシーニョの作戦通りであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、後半、駒井をボランチのポジションで投入し

それまでボランチであっ柏木をシャドーに上げたことによって俄然攻撃が活性化した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よりゴールに近いところ細かいパス交換が行えるようになり、

61分に柏木がペナルティエリアで

抜群のボディバランスで相手ディフェンダーをいなしてゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 貴重な先制ゴールをたたき出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 押していたゲームで先制点を取ると非常に有利になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして今期のレッズの特徴その2、追加点が早い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3分後、柏木のコーナーを遠藤頭でたたきつけて2点目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは今年のレッズのすごくイイところだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今年のレッズの特徴その3である「いらない失点」も出てしまい、

1-2と詰め寄られる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ココで追いつかれたら首位神戸との勝ち点差が5のまま。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、「今日の男」柏木がカウンターから最後3点目を決め、試合を終わらせた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、ネットテレビ初戦は首位神戸に

アウェイで完勝し、勝ち点差を「2」に詰めた。

負けていれば「8」に開いていたので、

実質「勝点6」を得たいわゆるダブルゲームであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネットテレビにいいジンクスができて良かったー。(^.^)/

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ