ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2010.07.16

ニンニク注射って、どうよ

Pocket


 医学関係のサイトで「カンファレンス」という掲示板があります。
 普通の掲示板と同じでスレッドが立って、読者がレスしていくというものですが、
書き込みが医者に限られており、内容は「医学的」なものから
「日常診療のトラブル」「経営問題」「医療行政」等さまざまなのですが、
けっこうおもしろくて、時々読んでいます。
 まあ、会員制ですが厳密ではないので
医者でないヒトが紛れ込んでることもないとはいえないみたいですけど。
 そこで、最近取り上げられてた話題の一つに
「ニンニク注射」がありました。
 ある先生が外勤でいってる先のクリニックで、
ニンニク注射なるものを始めたが、
自分としては、勤務先の意向とはいえ、
こんな意味の無いものを患者さんに勧める気がしない、
というものでした。
 そーいや、ニンニク注射って最近時々聞きますね。
 あれは、もちろん、「ニンニク」なんかではなく、
(そんなもん注射したら大変だ)
ビタミン剤ですね。
 まあ、いわゆる「ニンニク臭」がするので、
ニンニクの滋養強壮効果とイメージをだぶらせてるのが、得してる所なんでしょうね。
 静脈注射で、注射後すぐ肺から呼気中にニオイ成分が出てきて、
自分でもニンニクのニオイを感じます。
 その辺も「効いた感」に一役買ってると思う。
 それを利用して耳鼻咽喉科では「静脈性嗅覚検査」いわゆる
「アリナミンテスト」として、古来行われておりました。
 ちなみに、現在当院ではやってません。
 このにおいは結局「呼気」中のニオイなので、
嗅覚障害の部位診断にあまり役立たないので。
 まあ、今日の主題はそれではない。
 さて、この掲示板に書き込まれたお医者さんたちの意見をまとめると
①そんな、効果の無い(あるいは不確実な)ものを医者としてやるべきではない
という意見と
②おそらく効果は無いが害もない、保険外診療なので患者さんが望めばやってもいいんじゃない
という意見に分かれました。
 本心から、効果がある、と考えているお医者さんはほとんどいないようですね。
 そして、インターネットで「ニンニク注射」を検索すると・・・・
 出るわ出るわ。
 ナゼカ、新宿や池袋あたりのあやしい(?)クリニックが多いかも。
 疲労回復、スポーツ選手も愛用、企業戦士を支援、二日酔いもスッキリ、
などのうたい文句が踊っています。
 ニンニクが入ってるわけではありません、と書きながら、
「ニンニク」のイラストが多数登場していたり。
 ここのセンセイたちは②のカテゴリーの意見のヒトなんだろうなあ。
 ちなみに耳鼻咽喉科の「アリナミンテスト」の点数は薬剤、注射器代、手技量、判定料込みで45点、
ということは保険外、自費では450円です。
 御参考までに。
人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ