ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.11.19

ドラキュラ・ロック・フェスタ Vol.10

Pocket

 

 ドラキュラ・ロック・フェスタも今回で第10回。

第2回以来、ワタシ出るのは5回目。しかし、けっこう毎回違うバンドで出てます。

朝9時半集合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 みんなでステージを設営します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、この青空。

昨日までの雨模様がうそのような、快晴である。

さすが「晴れ悪魔」スペースデーモン様である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は10thアニバーサリーでなんと14バンド出演。

朝から約10時間の長丁場である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トップを切るのは「Magoooun」。

オリジナル曲を演奏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボーカルの「じーこ」さんはシンガーソングライターで

以前、北仲ワイン祭りでステージを拝見しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2バンド目は「小江戸Shaker」。

小江戸、埼玉県川越市からお越しになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アースシェイカーのコピバン、大変盛り上がっておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3番手「B・R 」。

ビーズのコピバン。日本のバンドのコピバン、多し。

みんな、上手い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このギターは、いわゆる「タク・マツモト・モデル」なんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アルコール飲んでの演奏は禁止だが、開始まで4時間以上あるのでちょっと一杯だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 4番手は「SLIDE JUNK」。

多分、ストリート・スライダースのコピバン、だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カッコいいバンドでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次は、おなじみ「Power Puff Nori-P’s」。

相変わらずステキ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつものパフォーマンスも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 選曲もツボだなあ。

今日のラストは「レッド・ツェッペリン」。\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 演奏後、アンジーさんと2ショット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 きちんと献血する真面目なバンドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ノリピーもいただき。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いては「ヘルニアンズ」。

毎回、ちょっとずつメンバー構成が変わるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボーカルの彼の声が魅力です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お次は「蒼穹の奏」。

高校時代の同級生が30年の時を経て再結集したそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、本格焼酎の銘柄みたいなバンド名ですが、

意外にもオアシスやビートルズなどの洋楽カバー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次、8バンド目は「Motch Lovin’」。

なんと、レッド・ツェッペリンのコピー。

カッコイー\(^o^)/

ただ、欲をいえば、

ペイジ先生、あと20センチほどストラップを下げてくれるとカンペキなんですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、ジョン・ボーナムも女性。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ツェッペリンばかりでなくジャニス・ジョプリンや、日本語の曲も演奏していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その次は「ハイタッチ」。

日本語オリジナル曲、だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、元気のいいバンド。

次が出番なので、絵が遠くてスイマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、楽屋で出番を待つ間に、司会のメグちゃんと2ショット。

この「日本・JAPAN」のTシャツ、この間神戸の学会で購入したもの。

会場ホテル内のお土産物売り場で、どう見ても外国人向けのこのTシャツを発見。

今回、あえて、「外タレ感」を演出してみました。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、「More-Hangoverz」ラストライブ(?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いきなり、岩波先生のチューニングが狂っててイントロやり直し(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思えば、前回のドラフェスは7月、熱中症でぶっ倒れそうな灼熱の野外ライブであったが、

今回は、ワレワレの出番になったらなんか、急に日暮れになって、サムイ、サムイ。

手が、かじかむ。ツ、ツインリードが・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも、お客さんの声援に支えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ゴクラク軍団」も応援ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、このバンド、これで終わりは惜しいなあ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ、ライブ2回目だもんなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ザ・フーではお約束のウインドミル奏法。

一回空振った。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スモークマシンより、焚火の煙の方が恋しい寒さでしたが、

ナントカ演奏できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2017年限定の「More-Hangoverz」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さてそのあと11番目は「Yann-E’s」。

このあいだ7月のドラフェスでも拝見しました。

急に夜の帳(とばり)が降りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トワイライトのムードにピッタリなオシャレなハーモニー。

それにしても、スモーク焚き過ぎじゃね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、このあとも見たいバンドあったのですが、

事情でここで会場を失礼させていただきました。

見られなかったバンドさんゴメンナサイ。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ