ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.06.20

ドライカレー

Pocket

ドライカレーという食べ物がありますが、

それはワタシの中でではほぼこんなモノです。(自作)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、一部の人の間では

ドライカレーというと、こういったものを思い浮かべるらしい。

(これはネットより。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、「キーマカレー」と称するモノではないのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも若いヒトの間では、

ドライカレーは右側のキーマカレー的なものをさすようです。

考えてもみませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だって、オレはこれで作ったんだぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初めてのドライカレー体験は幼稚園の頃で

そのころレストランなんてものはほとんど行ったことがなく、

何かの件で親戚一家と東京のレストランに行った際、

2,3歳年上のイトコがドライカレーを注文して

初めて、そんなメニューの存在を知ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、ワタシの中ではこのドライカレーは、

チキンライスやオムライス、

カレーライス、ハヤシライスしか知らなかった自分としては、

ちょっとカッコイイ、都会的な洗練されたメニューなのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この感覚は、ワカラナイですかねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそもキーマカレーなんつーモノは無かった時代に育ったので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで、また今日もドライカレーを作りましたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般的には、今や、いやひょっとしたら昔も(?)

洗練やオシャレとは程遠いメニューですが。

ドライカレーにはある種、独特のプラスイメージがあります。

前回はピーマンでしたが、今回はブロッコリーとグリンピースで、

ジャガイモも入れてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4件のコメント

コメント/トラックバック (4件)トラックバック用URL:

  1. 私の中ではドライカレーは挽肉を使ったキーマカレー的なやつで、小倉先生のそれはカレーチャーハンです。
    ということは私はまだ若いヒトなんでしょうか。(笑)

    ちなみにキーマカレーは水分量に規定はなく、単に挽肉を使ったカレーのこと。
    なのでドライカレーはキーマカレーの水分量の少ないやつという感じでしょうか。

  2. コメントありがとうございます。
    キーマカレーはひき肉を使ったカレーで必ずしもドライではないらしいですね。
    ワタシのドライカレーは中華料理屋や大衆食堂ではカレーチャーハンですが、
    洋食屋や喫茶店ではドライカレー、もしくはカレーピラフと称されるようです。

  3. わたしもまだ若いヒトみたいです(笑)
    小倉先生のそれはカレーピラフと呼んでいます

  4. コメントありがとうございます。
    厳密にはカレーピラフはカレーを焚きこんだもの、
    カレーチャーハンはたいたご飯をカレー味で炒めたもの、
    らしいですが、この境目もあいまいなようです。
    どうも、キーマカレー派に押されてるなあ。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ