ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.04.27

ドゥ―ビーブラザース日本公演

Pocket

 

来たぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行くぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもながら、この坂を上ると、気分がアガるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、こう城に攻めあがるサムライの気分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本丸に向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現地に着き、まずは物販に並ぶ。

列は短い。販売開始は17時から。

昨日のポール・マッカートニーはこんなのんびりしたペースではなかったはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンフレットの販売はなく、Tシャツとパーカー、バンダナ購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外と肌寒く、パーカーはすぐ役立つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開場18時までしばし間がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度目の武道館かなあ。

一番最初は、1975年、クイーン初来日公演であった。

この前はディープ・パープルだったかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その1975年当時、全米で圧倒的人気を誇り、

ヒットチャートに3曲も同時にチャートインしていたバンドが

この「ドゥービー・ブラザーズ」であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

席は2階席、武道館は東京ドームに比べれば相当コンパクトなので、結構見やすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ツインドラムがウリだったが、今はドラムは1台のようだ。

ちょっと、残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7時ちょいすぎ、開演。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オープニング・チューンは「キリストは最高」。

物販で並んでるときこの曲のリハーサルの音がもれ聞こえていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はスマホの撮影はOK。

トムジョンストンも元気そうだし、パット・シモンズも遠目には変わらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「テイクミーインユアアームズ」「ブラックウォーター」「スィートマキシン」・・・

お馴染みのヒット曲が続く。

オーロラビジョンも舞台装置も無いシンプルなステージだが、

曲の魅力でぐいぐい引っ張っていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一応、マイケル・マクドナルド時代の

「Takin’ It to the Streets」もサラッとやったが、

全体に「キャプテン・アンドミー」「ドゥ―ビー天国」

あたりのアルバムからの曲が多く、ノリノリである。

これぞドゥ―ビー(≧◇≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに「Doobie Brothers」は血縁の兄弟などは全く関係なく、

「Doobie」とはスラングで「マリファナ」の意味。

当時のワタシが読んだ音楽雑誌の「ドゥ―ビーブラザース」のグラビアのタイトルは

「ノリにノッてるヤク兄弟」!!! (゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ダークアイドケイジャンウーマン」はヒット曲ではないが、

大学に入った時、軽音部で先輩のバンドに入って演奏した曲。

ナツカシー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 チャイナ・グローブで締めたあと、

アンコールは「ウィザウト・ユー」そして最後は

お約束のリッスン・トゥ・ザ・ミュージック」。

会場は大合唱。・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1時間半余りの比較的短いステージでっあったが、大満足。

まあ、向こうもこっちも年寄りだからなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、今回一緒だったのは大学時代の同級生、佐野くんと小川くんである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 二人とも明日は横浜で外科学会に出席とのこと。

オレは仕事である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのあと、近くの飲み屋で今夜のコンサートの感想を語りつつ旧交を温める。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何故か、行き当たりで入った店はカープファンの集う広島お好み焼きの店であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、今回もう一人の同行者は佐野くんの病院の元事務、

なんと27歳の正岡さんである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お父さんが洋楽ファンでその影響を受け、

自身もシンガーソングライターを志して四国から上京したという。

こう見えて暗い歌を歌うらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 音楽の話、学生時代の話など、話題は尽きない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、カープも無事巨人に勝ったみたいでヨカッタヨカッタ。

(店内の広島ファンは盛り上がっていた)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シメは当然、広島風お好み焼き。

美味しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いくつになっても音楽と友人は心を青春の日々に戻してくれる。

またの再会を楽しみにして、各々帰路についた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシはまた北千住駅最寄りの宿に泊。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 翌朝の始発で戻って、仕事です。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ