ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.07.31

トライアスロンリレーのデジャブ

Pocket

 土曜日の朝、いつも見てるNHKの朝のニュースは

途中からオリンピック中継になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はトライアスロンの男女混合リレー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おー、こんな種目もあるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昼間の気温上昇を避けて、こんな時間にやるのだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 通常のトライアスロンは

スイム1.5km、バイク(自転車)40km、ラン10kmで

競われるそうですが、

この混合リレーは一人当たり

スイム300m、バイク6.8km、ラン2km

ということなので、これは耐久レースでは無くて

どっちかというとスプリントレースみたいなモノ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、展開が早くて面白いので、

思わず見入ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リレーのタッチを受けた選手は、

走っていってそのままドボンと海に飛び込み、

300m泳いで上がってくると、

走りながらスイムキャップとゴーグルを脱ぎ、

自転車置き場まで行って、そこで自転車に乗り換え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 靴を履くのかと思ったら、

靴はあらかじめペダルにくっついてて、

そのままヘルメットをかぶっていきなりスタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自転車のあとは、また自転車置き場にとめ、

今度はランニングシューズを履いて2kmのラン。

シューレースは紐でなくゴムなので、

これもあっという間に履いて走り出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、慌ただしくて、オモシロイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、見てるうちに、ふとある既視感を覚えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高校生の頃、ワタシは遅刻の常習者でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎日、朝寝坊して、

服を着替えながら朝食をとり、

モグモグしながらトイレに行き、

手と顔をいっぺんに洗って自転車へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 細い裏道を抜けて自転車をとばしまくり校内に入ると、

職員室から担任の先生が出てくるのを、

自転車置き場から見える廊下の窓越しに確認。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昇降口に一番近い(他のクラスの)自転車置き場に

自転車を突っ込み、上履きに履き替えて 

鞄を抱えて、階段をダッシュで駆けあがると、

運がいいときは階段で担任を抜いて

教室に滑り込むことが出来ます。

その時、追い抜きざまに出席簿でケツを叩かれますが、

先生より先に教室に入れば遅刻扱いにはならず。

自転車は次の休み時間に、

本来の自転車置き場に戻しに行くという毎日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、オレの高校時代の毎朝は、

トライアスロン的だったのだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もし、当時、この種目を見てたら、

スニーカーの紐をゴム製に代えたことでしょう。

・・・って、そこ?

 

 

 

2件のコメント

コメント/トラックバック (2件)トラックバック用URL:

  1. 中学の時、遅刻してなかったよね?
    毎日遅刻してたのは、俺と長谷川だけだったから

  2. コメントありがとうございます。
    いや、けっこう遅刻してましたよ。
    カバンのベルトを長くしていたので、
    そのままでは走れないのでカバンを抱えて坂を駆け上がっていました。
    数学の千葉先生にどやされながら。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ