ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.02.01

トム・バーレインと鮎川誠

Pocket

新聞の片隅にふと見つけた記事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また一人好きなミュージシャンが亡くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレヴィジョンは大学時代、好きだったバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニューヨークパンクの流れからのバンドで、

とくにこのトム・ヴァーラインの

空間を引き裂くようなギタートーンが魅力的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、そのすぐ翌日に、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うおー、何てこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮎川誠氏といえば、日本のミュージシャンの中では

ワタシのもっとも敬愛するギタリスト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり出会いは高校生の頃。

サンハウスというバンドでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時はバンドとして聴いていたので、

ギタリスト鮎川誠としては意識してませんでしたが、

その後結成したシーナ&ザ・ロケッツでの

ギタープレイは衝撃的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インタビューで、エフェクターのことについて、

「もう、エフェクターなんかいらんのよ。

アンプにガーンとプラグ突っ込んでやね、

ギャーンとかき鳴らすだけたい。」

みたいなことを博多弁で語ってたのを聞いて、

おおお、ロックだ、と思ったものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シングルコイルのフェンダーギターの

鋭角的なトーンを最大限に利用したトム・ヴァ―レインと

ハムバッキングのギブソンレスポールのパワフルなサウンドを

生のまま荒々しくぶつけてきた鮎川誠は、

ある意味対極的でありながら、

ロックスピリットという点で非常に似通った存在だったかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 故人のご冥福をお祈りします。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ