ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.04.06

デヴィッド・ボウイ大回顧展行ってきました。

Pocket

 

 ついに行ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当初からどうせ行くなら平日、水曜日の午後狙いであったが、

まごまごしてるうちに花粉症始まってなかなか午前の外来が終わらなくなり、

ついに最終週にずれ込んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 春休みになって一層午前中が忙しくなったので多分もうダメだろうと思っていたら、

昨日奇跡的にほぼ時間で終わり、ソッコー駅に向かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お昼は、車内で。(^-^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、着いた先はこの駅。

東京モノレールは羽田に行くときに使うが、普段はまず下りない駅である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 駅に着けばなにか案内板でもあるかと思いきや、何もなし。

グーグルマップで検索しスマホ片手にビジネス街を歩いていく。

この時、ゼッタイ目的地同じだな、という感じの

ビジネス街に似つかわしくないデーハーなオバさんと同方向に進む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 到着、まず当日券を入手。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 建物の周りを列が並ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 待つこと20分ほど、会場は6階でエレベーターに乗る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 上に行ってもまだ並ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もうすぐ、次の会で入場。撮影はここまで。

 

 

 

 なので、中の画像はないが、

ヘッドホンをつけた受信機を渡され、音声や音楽を聴きながら中を回る。

 ステージ衣装や、直筆の曲の歌詞やスコア、写真や映像、等々

盛りだくさんのしっかりした展示であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 デヴィッド・ボウイについては最初に知ったのは中学生の時。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すでにジギースターダストが出たあとで、1973年の来日の雑誌記事で見た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの「出火吐暴威」の特攻服(?)や

ホットパンツなどの女性的なステージ衣装をみて、

なんだこのオトコオンナは、と思い、全く関心がなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あとから聴くとジギースターダストはホントにスゴイアルバムであったのだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに当時のLPには

「屈折する星くずの上昇と下降、そして火星から来た蜘蛛の群れ」

というチカラワザ的な直訳(誤訳)タイトルがついていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初めてリアルタイムで聴いたのは「ダイヤモンドの犬」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、本当スゴイと実感したのは高校生の時に出た「ロウ」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今でも一番好きなこのアルバム、

ラジオで「ワルシャワの幻想」を聴いたときはぶっ飛んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、デヴィッド・ボウイはワタシの中で好きなミュージシャンではあったが、

あこがれのロックンロール・スターではなく、

それほど夢中になったことはない。

アルバムも10枚ほどしか持ってないし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の展示をみてデヴィッド・ボウイは「芸術家」であり、

自分の「アート」を表現する手段として

ロック・ミュージックを用いたのだなということが

改めて実感できた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場を出ると特設のカフェとショップがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夜、用事があったのでお土産買ってすぐ帰宅。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 束の間の半休を利用し最後の最後で見ることができてホントヨカッタです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、先週から妻に

今度の水曜日早く終わったらデヴィッド・ボウイ展に行って来るね、

と言っておいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日、仕事が早く終わりそうなので、今日午後、アレ行ってくるね、と告げたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ああ、ボブ・ディラン展ね、行ってらっしゃい。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロック音痴な妻である。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ