ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.05.02

ダービーマッチの勝率

Pocket

 

 世界にダービーマッチは数あれど、

もっともダービーマッチらしいのはマンチェスター・ダービーであろうか。

 

 

 

 

 

 

 ともにマンチェスターに本拠を置き、かつチーム名にも都市名の入っている両チーム。

 

 

 

 

 

 

 かたや、マンチェスター・ユナイテッドは、リーグタイトルを20回も取り、

3回もヨーロッパチャンピオンにも輝き、クラブ世界一を2回取った、

イギリスで最も成功しているチーム、ビッグクラブである。

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽうのマンチェスター・シティはリーグタイトルは4回、

それなりの実力はあるが、チャンピオンズリーグなどでも結果を残したことはなく

強豪チームとは言えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、ことマンチェスターダービーでは

ユナイテッド59勝、シティ43勝、引分けが49と、チームの実力差に比べ

大変拮抗した結果になっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 翻って、わが国の代表的ダービーマッチの「さいたまダービー」では、

まさにユナイテッドが浦和レッズ、シティが大宮アルディージャの立ち位置といっていいであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、開幕から絶好調、勝ち点19で単独首位に立つ浦和レッズと、

ここまでの勝ち点わずか1で、最下位に沈む大宮アルディージャのさいたまダービー。

巷の予想はレッズの圧倒的に楽勝であったが・・・・。

 

******************************************************************************************************

2017年J1第9節

 大宮アルディージャ  1-0   浦和レッズ (NACK5スタジアム)

       (前半  0-0)

       (後半  1-0)

******************************************************************************************************

 30日(日)は音楽仲間でたこ焼きパーティーということが早くから決まっており、

また、そもそも12000人程度のキャパしかないNACK5スタジアムで、

さいたまダービーのチケットを取るのは至難の業なので、

テレビ観戦に決めていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、たこ焼きパーティーのほろ酔い気分で、

録画の再生をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合がレッズの主導で進むことは誰にも分っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今日は得点が入らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、レッズの気のゆるみなのか、アルディージャの気迫なのかはワカラナイが、

ともかく、前半0-0は、完全にアルディージャのプラン通りである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半も主導はレッズであるが、決定機は前半のうちから

カウンターから攻める大宮アルディージャの方が多くなっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ギリギリでセーブしていたが、63分、左サイドを破られ、

柏レイソルから移籍の茨田に見事なシュートを決められてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ、時間は充分にある、負けるはずがない、と思いながら、

少しづつレッズの選手の中に焦りが出始め、

大宮アルディージャの選手の中に希望と自信がみなぎってゆく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 げに恐ろしや、ダービーマッチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局、大番狂わせで、レッズは大宮に今季初勝利を献上してしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これでさいたまダービの通算成績は

浦和の12勝、大宮の9勝、引分けが6、とまさに

マンチェスターダービーのごとき比率。

念のために計算してみると、勝ち負けの比率では

ユナイテッド 0.578 :シティ 0.422

浦和              0.571 : 大宮 0.429

と、驚異的なシンクロ率である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というわけで、大事な次の鹿島戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 負ければ首位がひっくり返るという「大一番」になってしまって、

マスコミその他は喜んでいるだろうなあ。

 

 

 

 

1件のコメント

コメント/トラックバック (1件)トラックバック用URL:

  1. あなたのコメント  予感が当たってしまった。連敗ストッパー浦和レッズ、またやってしまいました。 なんとなく次の大一番は勝てそうな気がします。これだけ決定的チャンスをはずせば次のゲームは入るでしょう。まだ楽観的な私です。でも連敗は許しません。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ