ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.06.01

タバコと新型コロナウイルス感染症

Pocket

昨日は世界禁煙デーでした。

先日の禁煙セミナーで、

喫煙が新型コロナウイルス感染症に与える影響について

講演をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現時点で新型コロナウイルスに感染した際に

重症化する因子というものが分かってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは以下のようなものです。

1. 65歳以上の高齢者

2. 男性

3. 悪性腫瘍

4. 慢性閉塞性肺疾患(COPD)

5. 慢性腎臓病

6. 2型糖尿病

7. 高血圧

8. 脂質異常症

9. 肥満(BMI30以上)

10. 喫煙

11. 固形臓器移植後の免疫不全

12. 妊娠後期

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このうち、

悪性腫瘍、慢性閉塞性肺疾患、2型糖尿病、高血圧、脂質異常症は

そもそも喫煙によりその発症リスクが

高まることは分かっていますから

タバコは新型コロナに対しては

相当ヤバイ、ということがいえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに新型コロナウイルスに対する感染しやすさも

喫煙者は非喫煙者に対して高いことが

分かってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもタバコを吸う環境が、

喫煙ルームだったり、居酒屋だったり、

マスク無しで密になる環境であるということも

直接のリスクであることは明らかなところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえコロナが無くとも

こういうところに入る人の気が知れませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしそれだけではないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウイルスは細菌と違ってヒトの細胞内に入らなければ

増殖出来ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

侵入の門戸はウイルスによってまちまちで、

例えばインフルエンザウイルスは細胞表面の

シアル酸受容体から細胞内へ侵入することが知られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスの場合はヒトの細胞にある

ACE2受容体から細胞内に侵入することが

分かっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新の研究で、マウスを用いた実験で

喫煙は、この細胞表面のACE2受容体の数を増やすこと

が確認されたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、ヒトでも同様のことが起こっているとすれば、

タバコを吸っている人は、

新型コロナウイルス感染症が重症化しやすいばかりでなく

感染もしやすいということが考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに実験では、加熱式タバコを負荷したマウスの場合、

オスではACE2受容体の増加が確認されたが、

メスでは増えなかったという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが先にあげたように

男性であることが

新型コロナウイルスのリスクファクターの一つであることと

関係があるかどうかは不明ですが、

興味深いデータではあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりタバコは吸っていい事は一つもありませんね。

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ