ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.12.03

スペインを破り1位通過で決勝トーナメント進出

Pocket

 金曜日の朝3時50分に目覚まし。

こういう時は一発で起きちゃうのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回も民放、しかしテレ朝ではなくフジテレビ。

おー、朝ドラのちむ子がスポンサーガールに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、第3戦に至り、全チームに

決勝トーナメント進出の可能性の残るグループE。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドイツ戦後の有頂天から、

一気に奈落の底に沈んだコスタリカ戦での敗戦であったが、

本田圭佑はいみじくも言った。

最初からドイツに負けるかも、コスタリカに勝てるかも

という星勘定をしてたはずなので、

それが逆になっても手に入れた勝ち点は変わらない、と。

やっぱ、この男はアタマが良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、本気のスペインは強かった。

番狂わせというモノは、ワールドカップレベルでは、

初戦に近いほど起こりやすいが、

試合数を重ねるにつれ、やはり強いチームが勝ちあがる。

かくて、前半20分に失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、この失点は想定のうち。

あとから考えると、失点したことがその後の展開にプラスに働いたかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すでに2勝1分けで、しかもコスタリカから貯金した

大量の得失点差があるスペインは

引き分けでも決勝トーナメント進出が可能である。

この1点で、明らかにスぺインは、行ける、と安心した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これがメンタルなスポーツサッカーの面白いところ。

日本がコスタリカに対し、油断したように、

スペインにも同じメンタリティーが働いたのだ。

かくして、後半開始早々、堂安のスゲーシュートが決まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 えー、ちょっと、早すぎんだろ、と思う間もなくその3分後に

逆点のゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、何ということだ。

実は、このシュートの瞬間、

ワタシの目には三苫のクロスはタッチを割っているように見えたので

ゴールはないな、と思っていました。

と思ったら・・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーむ、AIとVAR、センサー内蔵サッカーボールがなかったら、

このゴールはなかったと思う。

テクノロジーの進歩に感謝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、刻一刻変わる試合状況、

他会場の結果も気にあるところ。

ドイツ対コスタリカは、先制したドイツに対し、

何とコスタリカが逆転。

解説の岡ちゃんは、ホホウ、コスタリカ逆点ですか、

と面白がっていたが、

コスタリカが勝ってしまうと、

この後日本が同点ゴールを喰らった場合、

コスタリカが勝ち点6、スペインが5、日本は4でグループ敗退なのだ。

だから、喜んでる場合じゃないのよ。

コイツはホント頭悪いわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 するとドイツがまた逆転。

と、今度は日本が同点に追いつかれた場合、

スペインが勝ち点5で首位、

日本とドイツは勝ち点4で並ぶが、

ドイツが3-2のままなら直接対決の結果で日本が勝抜け。

ただし、ドイツが2点差以上で勝てば得失点差で上回り、日本はグループ敗退になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、この後ドイツはもう1点取って4-2としたので、

日本はこのままなら1位通過だが、

もし、スペインに同点ゴールを許せば、

一気に3位転落、グループ敗退、という、まことにスリリングな残り時間を過ごす。

ロスタイム、7分かい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、これを守り切り、そのまま試合終了。

スペインは負けてもグループ突破だし、

2位通過の方がブラジルとの対決を避けられる、

という計算があったかもしれぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何にしろ、奇跡は起きた。

いや、もう奇跡やまぐれではない、といえるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 早起きした甲斐がありました。

さて、決勝トーナメント1回戦は、

前回準優勝のクロアチア。

うーん、楽しみだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ