ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.08.22

ジュラシック・ワールド 新たなる支配者

Pocket

 実はこの映画を見るかは、やや迷っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ブログにも書きましたが、前作「ジュラシック・ワールド 炎の帝国」

あまりにもダサく、がっかりさせられたため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、まあ、恐竜ファンの我が家としては、

やはり見ときましょうか、ということで。

我々夫婦が付き合うことになったきっかけには、

ともに恐竜大好きであった、ということがあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これ、吹き替え版になってますが、観たのは字幕版です。

映画館側のミスです。

吹き替え版が4回も上映があるのに字幕は1回しか上映がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結論から言いますと、前作よりはだいぶマシになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この恐竜と心を通い合わせる、という設定は絶対反対なのですが、

前作よりはその色はやや薄れてはいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やたら出てくるこのポーズ。

ギャグのようだ。

威嚇は出来るが、調教は難しく、相互理解は不可能でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 草食恐竜ならまだしも、肉食恐竜は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は、シリーズの壮大なる終幕ということを打ち出しているので、

キャストが多く、物語もてんこ盛りです。

キャストが多すぎるところに、

しかも皆、過去作品の主役級なので端折るわけにもいかず、

キャラかぶりがありごちゃごちゃしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーリーも、これでもかというようなシナリオ。

ジュラシック・パークに加え、

インディ・ジョーンズ、007またはミッション・インポッシブル、

さらにはダイ・ハードあたりも入っているなあ。

最後の恐竜対決シーンはゴジラシリーズですし、

イナゴの話は「黒い絨毯」か「アラクノフォビア」か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サービス精神が旺盛なのはわかりますが、

もうちょっと、エピソードを整理した方が良かったような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 残酷シーンは最小限、主要キャストはすべて助かり、

悪人はすべて恐竜に食われちゃう、

そして恐竜同士の対決もあるという、

ハリウッド王道的な、

子供向けをかなり意識した演出でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 147分は長すぎる。

テレビシリーズなら良いけど、映画としてはまとまりに欠けた印象でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、第1作「ジュラシックパーク」の公開は1993年。

考えてみればもう30年も前なのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時は、CGで再現された恐竜が画面に現れただけで、

映画館で泣きそうになるほど感動したのですが、

今やCGが普及して、恐竜が動いたくらいでは、

お客さんは満足してくれません。

そこであれや、これやのアクションシーンで

エンタテインメント性を追求したのでしょうが、

やはり、シリーズ物は第1作を越えられない、

というセオリーは健在なのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ