ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2010.04.16

ジェネリック医薬品ってどうよ

Pocket

 最近ジェネリック薬を希望される患者さん結構いますね。
 「ジェネリック薬」とは、医薬品の発売から年数がたって、
特許が切れたため、開発メーカー以外にも製造を許された「後発品」です。
 いわゆる「コピー薬」で、かつては通称「ゾロ」といわれてました。
 「主成分」は「先発品」と同じですが、
製薬会社の開発にかかったコストや、
認可をとるために必要な様々なテストがカットされ、
データの提出が免除されるので、
「先発品」に比べ、安い価格になってるわけです。
 厚労省は医療費削減の一つの目玉として、
近年、ジェネリック薬を大いに推奨してるのは周知のことです。
 当院も患者さんの要望によって薬局でジェネリック薬に変えてもいいですよ、
という趣旨の処方箋を出しています。
 
 かつては「ゾロ」は安く仕入れられるので
「儲け」が多く開業医が利益重視で使っていた時代がありました。
 最近は「薬価差」が無くなり、院外処方が普及したため、
薬で利益を稼ごう、というお医者さんはまあ、あまりいないでしょう。
(そもそも医者が設け主義では困りますが。)
 だから、以前のように
「ゾロばっかり使ってる医者はちょっとなあ…」
というイメージは今はありません。
 多くの先生が積極的に「後発品」を使っています。
 ただし、一般的にはお医者さんは本当はジェネリック薬、
あんまり好きではないのではないか、と思います。
 問題はジェネリック薬は「先発品」と完全に同じ薬ではない、
という点です。
 「主成分」が、同じならばいいので、薬の製法上違う成分もあったりするわけです。
 特に子供用のドライシロップ製剤などは「主成分」はもちろん大事ですが、
「味付け」の成分も大きな要素を占めます。
 だから、当院は必ず「味見」をして、先発品と遜色ないものを
近くの薬局にはお願いしています。
 たとえば抗生剤の「クラリス」「クラリシッド」は、もともと、とても苦い薬で、
開発したメーカーは、発売後、研究に研究を重ね、3回味付けを変更して、
今の味になっています。
 ところが「後発品」は、主成分は同じでも
味付けの「秘技」はコピーできないので、
かなり飲みにくい薬になっています。
 また、もう一点はメーカーにより製品の質にばらつきがある、ということもあります。
 まあ、中にはちょっと怪しいメーカーもあるので、
完全に「コピー」しきれて無い奴もあるようで。
 実際にステロイドの軟膏を「ジェネリック」に変えたら、
ぐんと効きが良くなって、実はステロイドの濃度は同じだが基材が違ったので
元の薬より吸収良くなって実質的には強いステロイドを使ってることになっていた、
なんて噂も聞きます。
 また、皮膚に貼る気管拡張剤のテープも、基材が違って、
血中濃度が通常より高く上がってしまい、その分早く下がってしまうということもあるようです。
 そんなこともあって、薬剤師さんになるべく信頼できるメーカーの製品を勧めてもらうようにしています。
 最近は「先発品メーカーの子会社」や「先発品メーカー」そのものが
「ジェネリック医薬品」を作っているところも多く、
まあ、この辺なら信頼できるかなー、と思っています。
 ただ、処方箋はどこの薬局に持って行ってもОKなので、
なかなか難しい面もあるのですが。
 あと、心配なのは、ジェネリックが優遇されてくると、
メーカーはワリの悪い新薬の開発より、
リスクの無いジェネリック生産に走るようになり
良い薬ができないのでは、ということも感じます。
 まあ、適切に使えば、これはメリットも大きいわけで、
我々も勉強しますので、皆さんも正しい知識を持って使用してください。
「センセイ、なんでも最近は『ジェネリック』とかいういい薬が出たんだって?」
「いや、ジェネリック、薬の名前じゃありませんから。」
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。

4件のコメント

コメント/トラックバック (4件)トラックバック用URL:

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは。
    今回もたいへん勉強になりました。
    味付け3回も変更・・・全然知りませんでした。
    先発会社の努力も無視できないので、難しいですね・・・
    しかし、後発品の『味見』までされてる先生ってほんとすごいですね。また、コミネ薬局さんとの信頼関係も窺えます。後発品、うまく使い分けが大切なんですね。
    ありがとうございます。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    クラリスロマイシンのDsに関しては、先発品よりも高田製薬や東和薬品のものの方がムコダインとの相性が良く飲みやすいと言う話がメジャーになって来ております。
    「先発品メーカー」が発売しているジェネリックが実は聞いた事も無い弱小ジェネリックメーカーの製造品と言う事実も多々ありますが、その場合は、先発メーカーと同レベルの品質が保証されていると勝手に思いこんで我慢して使っています。
    突然失礼しました。。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ありがとうございます。
    今度「試食」してみます。
    味が良くなったとはいえ、いまだにクラリス飲めない子もいるので。
    今の前の味の時は「ムコソルバン/ムコサールDS」のヨーグルト味が
    うまく苦味を消すので必ず同包して出してもらってました。
    今の味には合わないので単独で出してましたが。
    「ムコソルバン」は味がいいので「タミフル」のDSが無くなった時
    カプセル割って使うときにも使えますね。
    ただし、同じ「ムコソルバン」でも「シロップ剤」の方はなぜかまり美味しくない。
    また情報があれば教えてください。

  4. SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    うちの薬局は門前の小児科とクラリスロマイシンの後発品を選択しているところです
    先日7社ほどサンプルを集めて味見をしました
    タカタは前調べでもデータが一番良いように感じました
    細かい話ですが、先発も含めて口腔内のpH低下によりコーティングが剥がれて苦くなります
    薬の飲み合わせをいくら苦労しても苦味を感じる子供が減らないのはこれが原因のようです
    タカタの製剤はpH3程度からコーティングが剥がれるようで口腔内では苦くなりにくいとのこと
    ぜひサンプルを試してみてくださいおすすめです
    バナナ味で黄色というのも見た目を覚えてしまった子供には有効です
    ムコダインとの飲み合わせも後発それぞれで苦味の度合いが違います
    どれも苦くなりますが、先発とタカタ、サワイのものが苦味はマシだったように思います
    ちなみに日○工は味の点では論外・・・
    実は薬物動態については残念ながらデータがバラバラのため薬剤師個人で直接比較することは難しいです
    vivoでの実験は同等なはずなので抗菌作用は同じだと思って使うしかないのが現状です
    薬剤師をうまく使ってくれる医師は貴重ですね
    がんばってください

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ