ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2016.09.27

サンフレッチェ広島をくだし年間勝ち点3位以内でチャンピオンシップ内定

Pocket

 

ここのところ、ライブ等忙しく全然試合に行けてません。

 

 

 

 

 

 

 

今回も日曜日の午後のゲームなので参加予定であったが、

大泉ロック・フェスティバル出演が決まり、断念。

 

 

 

 

 

 

 

 

帰ってからの録画観戦。

**********************************************************************************************************

2016年J1セカンドステージ第13節

 浦和レッズ   3-0    サンフレッチェ広島 (埼玉スタジアム2002)

     (前半 1-0)

     (後半 2-0)

**********************************************************************************************************

槙野の故障で3バックは森脇、那須、宇賀神、

駒井と関根の両翼に、興梠ワントップに武藤、高木の2シャドー。

 

 

 

 

 

 

 

 

阿部と柏木の2ボランチ、西川を除けばレッズのスタメンも少しづつ変化してきている。

 

 

 

 

 

 

 

駒井、高木はルヴァンカップで定位置を獲得しつつある。

 

 

 

 

 

 

 

結果的に選手層が厚くなり今後に期待が持てる。

 

 

 

 

 

 

 

さあ、ある意味ここも大一番。

 

 

 

 

 

 

 

ここのところ対戦成績が2連敗という広島相手のホームゲーム。

 

 

 

 

 

 

 

 

探り合いの中からいきなりPKを取られる。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近PKとめられてない西川だが、

なんと現在得点ランクトップのピーター・ウタカのキックは

クロスバーの上を超えていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合の流れは案外こんなところから転がり込んでくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後の西川はあたりにあたり、

埼玉スタジアムの文化シャッターの「Nice Save!」は、なんと9回も出たという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

攻撃では、前半34分に武藤の鋭いクロスが相手オウンゴールを誘い、

今日は広島の日ではナイ、との印象を皆に印象付けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半は、柏木のスルーパスによく反応した高木がゴール前に決定的なクロスを送り興梠がゲット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、60分に相手のラインから抜け出した高木が、うれしい今期リーグ初ゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高木、ついにここにきて「キマシタ」ねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

これでセカンド首位を守り、年間勝ち点も3位以内が確定し、まずはチャンピオンシップの内定をもらった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、次はここ最近毎年運命の分かれ目の一戦となるガンバ大阪戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、土曜日午後2時なんて、行けねーじゃねーか((+_+))

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ