ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.08.21

サマーソニック2018

Pocket

今年もサマソニ。

昨年と同じく娘と2人で参戦。

クルマで2時間足らず。昨年と同じ駐車場に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良い天気。

暑さもそこそこで、湿度も低くさわやかな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩いて5分で幕張メッセ。

このへん、フジロックに比べて比べ物にならないほど楽です。

物販もすいていた。

さっそくフェスTに着替えました。(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、来たぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場を確認し、下見に行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きょうのメインはここマウンテン・ステージのトリ「ニッケルバック」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広い―。

まだ、誰もいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミネラルウォーター配っているので、もらっておく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱中症対策で水分は常に携帯したいところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーチスト物販もチェック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニッケルバック・グッズもゲット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐるりと会場を見たあとで、先ほどのマウンテンステージに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知らないバンドですがオルタナティブと書いてあったので行ってみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん、なんか違うかなー、と思い、

3,4曲聴いて会場を出て、昼メシにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソニメシは種類も多くあれこれ迷うところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年はコレだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんプレモルも忘れずに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがローストビーフラムユッケMIX丼。

見本写真のほうがだいぶ「盛ってる」ようだ・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく、イタダキます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、マリンサイドにシャトルバスで移動します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年は行かなかったビーチステージに行ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここがビーチステージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場は夏フェスらしくイイ感じだが、

このアーチストはどうも・・・・・、なので引き揚げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マリンスタジアムに向かい、

娘のリクエストでかき氷。

きょうは売れてますねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジアムで食べながらライブを見ます。

スタンドは椅子あり日陰なので、涼しく、ラク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演奏していたのは「The Oral Cigarettes」という、若いバンド。

大阪のバンドらしい。

どうってことないJ-Popのバンドだが、

離れたところでずーっとヘドバンしてた4人組が面白かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疲れたようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

散水タイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階スタンドは日が当たってきたので、

3階スタンドに移動。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼寝タイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次のバンドは「My First Story」。

これも日本の若い男の子のバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「オトナたちはオレたちにもっとおとなしくしろというが、

じゃあ、オレたちの存在意義は、何なんだー。」

などと言うセリフを歌の合間に甲高い声で絶叫されると、

そのあまりの青臭さに

オジサンは微笑ましさを通り越して気恥ずかしくなります。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、イマドキの若者なので普段からきっと礼儀正しいんでしょうね。

青春ドラマは絶滅したと思っていましたが、

また復活の動きがあるんでしょうか。

などと思いながら聴いているとかわいい来訪者。

これはチャバネセセリですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、スタンドで休んでいましたが次のアーティストにそなえ、アリーナに移動。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野球場なのでアリーナではなくグラウンドか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「マイク・シノダ of リンキンパーク」のステージを見るため。

娘が「リンキンパーク」好きなので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンキンパークはワタシの守備範囲ではないが、ここは娘の希望で。

単なるラッパーではなく、キーボード、ギターを演奏し、歌も歌います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか音楽的才能豊かな人だなあ、という印象。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンキンパークは

先だってフロントマンのチェスターベニントンが自殺し、

そのことについて触れながらの感動的なステージであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、単に感傷に終わらせないで、

エンターテイメントに満ちたステージだったのはさすが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後、かぶってるのはピカチューです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は客席に。

結果的には、かなり楽しめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、汗もかいたので塩分、水分補給を兼ねて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 周りの人もみな食べてたが、こりゃ売れるわー。

いちいち焼くわけでもないので、並んでも回転も早いし。

飛ぶように売れるそばから、裏からドサドサ運んできてました。

相当儲かったと思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カンパイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ビルボードステージをちょい覗く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、マリンスタジアムを後にまたメッセに戻ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 終わりが遅くなるので晩飯を食べておきます。

いろいろ迷ったが、行列が長いのできっと美味いのだろう。

ということで、これにしてみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これこれ。

一度食べたかった佐世保バーガー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 デカイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも中もボリュームたっぷり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 美味しかったけど、正直完食はキツかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして再びマウンテンステージに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次の「ニッケルバック」に備えて、その前の「J.バルヴィン」からはりこみます。

コロンビアのラテン・ポップ・シンガーなので歌詞はスペイン語。

もっともコチラは特に見たいわけでは無いので後方で寝転んで聴きながら待ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 終わり間際に前方に移動。

なんだ、銀座?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ニッケルバックを待つ。

けっこう前のほうまで侵入。

45分前から立って待つのはキツイなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 20時13分、マウンテン・ステージのトリ、「ニッケルバック」のステージがスタート。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オープニングは「Feed the machine」。

行きの車の中で娘と予測したが、当たりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一昨年の4月以来の生「ニッケルバック」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱ、フェスはロックですねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 曲も良く知ってるヒット曲中心で盛り上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ざっと見渡したところ、まず間違いなくワタシが最年長。

白人、黒人、アジア系、ガイジン率高し。

上半身裸のマッチョな白人のタトゥーお兄ちゃんや、

肌もあらわなチューブトップのブロンドのおねーちゃんなどなど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中、「ロックスター」では会場から歌えるヒト、と手を挙げさせステージに上げた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でもあんまり歌えなかったりして・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次には「アニマル」のギター弾けるヒトを募集。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 上がった男性は、これがけっこう弾けたのでビックリ。

会場大ウケだが、仕込みかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんにしろステージは盛り上がる盛り上がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オレも歳を忘れて、周りの若者と一緒に跳んだ跳んだ。

はじまるまでは心配していたが疲れなんかどっかいっちゃった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、ライブは楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アンコールは当然「Burn it to the ground」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 文字通り、燃え尽きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夏のイベントがこれで終了。

今回は2回目なのでかなりスムーズにいきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、来年も来るぞー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クルマに戻り、娘を東京のアパートに送って、

足利に帰宅したのは0時ちょい過ぎでした。

あー、楽しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ