ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2012.08.07

サッカーの聖地で

Pocket


 勝ちましたね、なでしこジャパン。
 正直、準々決勝までは勝ち抜けるだろうと思っていましたが、
メダルのかかった準決勝からはどうだか分からない、
相当キビシイ戦いになるとは思っていました。
 そんな中、よくボールを回しポゼッションした中から、
フリーキックからの先制点。
 そしてまた、後半の早い時間帯に追加点。
 と、いうことは
「2-0はリードしているチームにとって危険なスコアである。」
というアレになっちまって。
 
 で、その通り攻められまくり。
 ついにゴールをこじ開けられ、1点差。
 そして、うわぁ、PKだぁ。
 サッカーの神様のシナリオ通りじゃんと思ったが、
ナント、相手が外してくれました。
 運も実力のうち、っていうか
GKの迫力が相手を怯ませたのか。
 
これで、決勝進出ですか、タイシタもんだ。
 それにしてもこの間の男子がオールド・トラッフォードで、
今回女子はナント、ウェンブリーですよ。
 オールド・トラッフォードが別名「シアター・オブ・ドリームズ」なら、
ウェンブリーといえば言わずとしれた「サッカーの聖地」。
 FAカップの決勝とかイングランド代表の試合とか
重要な試合しか行われないスタジアムである。
 イギリスでオリンピックやると、ここが違いますね。
 テレビで日本人女子がここで試合をするのは初めてです、
と言ってましたが、実は男子はあるのだ。
 1995年のことだが、日本代表はイングランド代表相手に
初めてこの「聖地」のピッチに立ち、
そこそこ善戦するのであるが、
終盤相手のシュートをゴールマウス内
DF「闘将」柱谷哲二が 手ではたき落として 
PKくらって負けちゃうのである。
 あの、ハンドはワロタ。σ(^_^;)
 今宵、男子もオリンピック準決勝で
そのウェンブリーで戦う。
 解説、柱谷だったらオモシロイのに。
(本人も消したい過去だろうが・・・・。)
 オリンピック代表、ハンド、しないでね。
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。



コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ