ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2024.01.09

ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS

Pocket

2004年12月13日公開のミレニアムシリーズ第5作は

「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」。

モスラが入るとぐっとメデタイ感じになりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミレニアムシリーズの中では

唯一前作と世界がつながっている作品です。

ただし、主人公は釈由美子さんではなく、

特生自衛隊の整備士のこの男の子。

パイロットではなく整備士を主人公に持ってきたところは

工夫したところだが、ひねりすぎ、の感があり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釈さんも出てくるのだが、

研修のためにアメリカに派遣されるという設定で

本作では機龍への搭乗はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代わって機龍のパイロットとなるのはこのお姉ちゃん。

吉岡美穂さんという女優さんだが、

名前から以前観た

「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」

に出てた人かと思ったら

そちらは吉岡里帆さんでした。

よく見ると全然似てねー。

はっきり言って演技力は素人レベルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしてみると釈さんはなかなか頑張っていたのだ。

今回も乗ってほしかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストーリーとしては、

当然この間海に逃がしたゴジラが襲ってくるわけだが、

その前に小美人がインファント島から小泉博さんのところにやってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小泉さんは『モスラ』『モスラ対ゴジラ』『三大怪獣 地球最大の決戦』と

モスラが登場する3作品に科学者役で出演したので、

小美人が出れば当然「窓口」はこのヒトをおいて他にない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小泉博さんは2015年に88歳で亡くなられたが、

このとき76歳。

中條信一という映画「モスラ」と同じ役。

1961年の「モスラ」はこの世界では「あったこと」なので

辻褄はあっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽう小美人は、さすがに当時62歳のザ・ピーナッツが演じる

というわけにはいかなかったとみえ、ゴジラシリーズ通算3代目。

2代目小美人はエビラで出たペア・バンビという2人組であったが、

その映画でしか見てません。

どこから来てどこへ行っちゃったんでしょうね。

で、今回初めて知ったのだがこの小美人、

一人はなんとあの長澤まさみさんなのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ、どっち?

と思わず2度見してしまいますが、むかって右側、ですよね。

当時高校1年生。

そういえば、この人も確か東宝シンデレラ出身でした。

となりの大塚ちひろさんも第5回東宝シンデレラの同期だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて小美人の申し出は

機龍に使われているゴジラの骨を海に帰して欲しい。

代わりにモスラがゴジラから日本を守ります、というもの。

中條氏は旧友である五十嵐首相にこのことを伝えるが、

当然おいそれと呑める話ではない。

中尾彬首相は当然前作から当然続投です。

日本全土を停電させたうえ、ゴジラを逃がしてしまったが、

政権交代は免れたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、九十九里浜に巨大生物の死体が打ち上げられる。

映画館で観た時に、あっ、これはカメーバだ、とすぐ分かった人は、

ワタシのような昭和怪獣マニア。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲゾラ・ガニメ・カメーバといえば1970年に公開された

東宝怪獣映画の中では他の作品と関連のない異端児。

興行的にも振るわず、怪獣ブームの終末を感じさせる作品である。

敗因は登場怪獣がネーミングセンスも含めて

そろってゲテモノだったことであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこのテレビ中継をしてるレポーターが

スカパーサッカーアナウンサーの倉敷保雄さんであることがすぐ分かったのは、

ワタシのようなサッカーオタク。

以前味の素スタジアムへFC東京対浦和レッズの試合を見に行った時、

スタジアムの外で中に入ろうとする倉敷さんを発見して、

声をかけて一緒に写真撮っていただいたことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメーバはゴジラに殺されており、

ゴジラ襲来の脅威が高まってる、という演出だが、

ほどなくゴジラ上陸。

今回のゴジラは前作で機龍のアブソリュートゼロを喰らったダメージで

体にケロイド状の傷痕があるのが特徴。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中條おじいちゃんの孫が学校の校庭にモスラのマークを作って

モスラを呼ぶのだった。

とても10歳の子供が一人で作ったとは思えません。

映画タイトル「東京SOS」の「O」の中にこのモスラマークが入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、モスラが飛来。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてゴジラと戦う。

ゴジラやキングギドラは作品によって人間の味方になったり敵になったりするが、

モスラは一貫して「正義の」怪獣。

そこが胡散くさい面もあるのだが、

造形および操演としては今回のモスラは歴代最高です。

直接組み合わずCGの鱗粉で攻撃する演出も良かった。

空飛ぶ昆虫がトカゲと地上で組みあったら勝てるわけがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、やっぱり鱗粉ではゴジラは倒せない。

そこに3式機龍が助太刀に参上。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、モスラはインファント島に卵を残していた。

そして「モスラ対ゴジラ」の時と同じく、今回も生まれたのは双子ちゃん。

双子ができやすい家系なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして生まれるや否や一目散に東京へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、お母さんと対面。

昆虫はすべてその行動が本能に基づいてプログラミングされているので、

親のところまで来るのはいいが、

そこで目と目を合わせて会話や相談するのはやめてほしい。

そもそも複眼だし、目と目は合わない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう機龍はゴジラにやられてまたまた機能停止。

同じGなんだから、もっとGショック並みに頑丈に作ってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 幼虫たちを狙ったゴジラの熱線を母が体を張って阻止。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自らの命と引き換えに子供たちを守ったのであった。

ありがちなストーリーだが、種の保存にために、

こういう本能はあるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 親の仇を討つべく曽我兄弟となったモスラ兄弟は

復習に燃え、眼が赤くなる。

3式機龍だと暴走サインだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その間に主人公の整備士がメカゴジラ修理に向かう。

しかし、バイクで地下鉄を走るのはいいが、

その作戦を自衛隊員に説明しておけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、結構すぐに治ったメカゴジラ。

ブルーレイレコーダーや洗濯機より修理は簡単だ。

で、ここで整備士さんが脱出できなくなっちゃうのも、お約束的な展開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3式機龍はしらさぎのコントロール下に入り、

モスラ兄弟と共同でゴジラに立ち向かう。

今回は自分で飛んできた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国会議事堂の前で対峙する2頭。

歌舞伎の名場面のようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず手がドリル状になってゴジラの古傷をぐりぐり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 意外とこれがミサイルより効く。 

中学の時の技術家庭のセンセイは、

悪いことをした生徒に体罰を加えるとき

指で生徒の腹の皮をつまんでぐりぐりねじり上げた。

オレも結構やられたがゲンコツやビンタより陰険だと思った。

その「指導」を突然思い出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、とどめはアブソリュート・ゼロが壊れちゃったので、

ここに新たにメーサー砲を3本搭載した。

これは4式3連装ハイパーメーサー砲というから、

当初から口内に装備されていた

99式2連装メーサー砲よりパワーアップしたものであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この4式3連装ハイパーメーサー砲と口内の2連装メーサー砲と併せて、

計5発のメーサーでゴジラを攻撃。

これがゴジラにかなりのダメージを与える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、その弱ったゴジラにモスラ兄弟が復讐の糸吐きX攻撃。

文字通り一糸乱れぬ技は双子ならでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ここで機龍がまた制御不能になる。

故障かと思いきや自らの意思で動き始めたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 機龍は所詮メカなので故障して暴走することはあって当然だが、

自ら意思を持つ、という設定はにわかに受け入れがたいものがある。

ルンバが部屋が汚れているので勝手に掃除を始めるような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、機龍のあの複雑な動きを航空機からのレバー、

スイッチ操作だけで操縦するというのは無理があるから、

(でも、最近のeスポーツの選手だったらできるかな)

手足体幹の動きにAI的なプログラミングや、

学習能力が備わっているのかもしれないが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でもしらさぎがハッチを壊して解放したあと、

体を回転させて整備士を助けようとしたり、

最後に名前入りのメッセージを送るのはどうかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、前作の釈ちゃんも、その前の宇崎竜童も、

またその前のゴジラに乗った女の子パイロットも、

ゴジラに突っ込んだ人は、必ずみんな最後に助かってるので、

まあ、それはそれで。

ゴジラ-1.0もそうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、日本海溝に機龍とゴジラは沈んで終わる。

核廃棄物を海に捨てちゃうというのはちょっと気になるけど、

これはゴジラシリーズの一応の終了、という形なのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、75点くらいはあげていいかな、

と思う本作品でした。

しかし、実はこのあともう1本、

とんでもない映画が公開されたのだった。

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ