ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2024.01.08

ゴジラ×メカゴジラ

Pocket

2002年12月14日公開。

いわゆるミレニアムシリーズ第4作は

ナント「ゴジラ×メカゴジラ」。

このタイトルは1974年の「ゴジラ対メカゴジラ」1993年の「ゴジラvsメカゴジラ」

以来3回目。「対」「vs」「×」の違いはあるものの、

ゴジラとタイマンを張って、しかも同じタイトルが3つあるのはこのメカゴジラだけ。

モスラとキングコングもタイマンの映画があるが、

1964年「モスラ対ゴジラ」が1992年には「ゴジラvsモスラ」と順番が逆。

1962年の「キングコング対ゴジラ」に対し、

2021年のハリウッド製作モンスターヴァースでは

「ゴジラvsコング」と、これも同じではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物語は1999年にゴジラが房総半島に上陸したところから始まる。

最初のゴジラは芹澤博士のオキシジェン・デストロイヤーで倒されたので、

これは45年ぶりに襲来した2体目である、と発表される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すなわち設定としては1954年の第1作ゴジラからは続いているが、

それ以降のゴジラは無かったことになっている。

ただし1961年の『モスラ』や

1966年の『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』は

「あったこと」になっていて、

サンダ対ガイラで活躍した「メーサー殺獣光線車」が

重要な兵器になっている。

サンダ対ガイラでは66式メーサー殺獣光線車だったのが、

今回は年式が90式になっています。

実は1989年公開の「ゴジラ対ビオランテ」では92式メーサー車が登場しており、

以後平成ゴジラシリーズの「ゴジラvsビオランテ」「ゴジラvsキングギドラ」

「ゴジラvsモスラ」「ゴジラvsメカゴジラ」「ゴジラvsデストロイア」

を通じて登場するが、これらのエピソードは本作では「無かったこと」なので、

あえて90式にしたと思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ゴジラと戦うのは、対特殊生物自衛隊

通称「特生自衛隊(JXSDF・Japan Counter-Xenomorph Self Defence Force)」

という組織である。

もともと自衛隊にメーサー殺獣光線車を導入した際、

その能力が自衛隊の「専守防衛」の範疇を超えているとして、

陸、海、空とは別にメーサーを専門に扱う第4の自衛隊、という設定。

だから設立はサンダ対ガイラの1966年になってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特生自衛隊は自衛隊なので陸、海、空自衛隊も作戦協力します。

90式に、護衛艦。自衛隊、全面協力。

大戦争マーチが聴きたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて45年ぶりのゴジラ来襲に、特生自衛隊は迎撃を開始するが、

まったく歯が立たない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この特生自衛隊のメーサーパイロットが今回主役の釈由美子ちゃんで、

このゴジラとの戦いで上官を死なせてしまう。

なんかどっかで聞いた話だ。

そう、2作前のゴジラ×メガギラスで主人公の桐子ちゃんは

上官を失い、その遺志を受け継いでゴジラと戦うのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで本作ではその桐子を演じた田中美里さんが、

自衛隊を辞めて(?)病院で看護婦さんになっていて、

死んだ上官を演じた永島敏行さんが

また自衛隊に復帰していて一緒に子供を助けるシーンがあり。

あ、ゴジラ×メガギラスでは自衛隊は出ないので

桐子さんと永島さんは自衛隊ではなく、

Gグラスパー所属でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、舘山沖から引き揚げられたゴジラの骨格を利用した(?)対ゴジラ兵器、

メカゴジラを作り、ゴジラ襲来に備える特生自衛隊。

劇中ではメカゴジラではなく、3式機龍と呼ばれています。

2003年なので3式、自衛隊流の命名法、良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、その試運転中に待ってましたと本家ゴジラ登場。

どう見ても完成を待っていたとしか思えない。

名所好きのゴジラ、今回は八景島シーパラダイスへ登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、さっそくメカゴジラもとい3式機龍出動なのだが、

現地までこうやってぶら下げて運ぶのはどうなのよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウルトラQでジョンスン島から大阪の万博会場までゴモラを運んだシーンを思い出すなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに運搬、操縦を行うこの航空機は

特生自衛隊のAC-3「しらさぎ」。

軍用機でAは攻撃機を示し、Cは輸送機を示します。

3式機龍を運ぶのでCがついてるのだな。

その場合「F/A-18」みたいに「A/C-3」とした方がよりそれっぽいのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、どっこいしょ、

と下ろして、ゴジラと戦うのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴジラのDNAが干渉して、3式機龍は暴走を始めてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コントロール不能時には目が赤くなる。

分かりやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この機龍のパイロットが釈さんなんですが、

この子でいいの、とも思わないわけでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釈由美子さんはNHKの「英語でしゃべらナイト」に

出演していたのでよく知ってるので、

最初は何となくイメージが違うかなあと思いましたが、

途中のトレーニングシーンあたりから、なんとなく違和感が薄れていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽう総理大臣は水野久美さん。

以前はX星人やマタンゴだった彼女も日本人初の女性首相にまで上り詰めました。

このキャスティングは非常にキマっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中から中尾彬氏に政権を禅譲します。

五十嵐首相は次回作でも首相をつとめています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後湯原教授がDNAコンピューターを改良し、

再び来襲したゴジラと3式機龍の戦いが始まります。

この湯原教授のキャラが、ちょっとビミョー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいオッサンが若い子にデレデレするのは

なんとなく受け入れがたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子役も上手だったけれどゴジラ映画にはいらないと思っています。

併映が「ハム太郎」だからなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、意味不明に松井選手が出ています。

ゴジラのニックネームを持つ本人が出演を希望したらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて釈由美子ちゃんがパイロットとして再び戦います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりメガギラスなどよりは絵になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3式機龍いろんな武器を持っていますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口の中にあるのがメーサー砲です。

これは99式2連装メーサー砲と名付けられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして最大の武器はこの「アブソリュート・ゼロ」。

目標を一瞬で凍結・粉砕する破壊兵器。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、その直前にゴジラの熱線を受け機龍は機能停止。

釈さんは、しらさぎを降りて直接機龍に乗り込んで操縦するという、

これまたどこかで見たような展開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機龍のエネルギーがゼロなので全国の電力会社から

電力をもらって急速充電ということに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次々に都市の電気が消えてゆく演出は良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして至近距離でアブソリュート・ゼロの発射に成功。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一瞬、やったかと思ったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴジラを倒すには至らず、ゴジラは海に帰ってゆく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、なぜか喜んでる総理大臣。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴジラが海に帰っただけなら、全然、前と状況変わってねえじゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、このラストシーン、1975年の「メカゴジラの逆襲」の再現で、

そのシーンをもって第一期ゴジラシリーズは幕を閉じたのであったが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、今回は逆にミレニアムシリーズの中では唯一、

次回作へ続く展開になっています。

メカゴジラの造形のカッコ良さと相まって

個人的にはミレニアムシリーズ中では一番よくできてると思います。

なので80点。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ