ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.11.16

ゴジラ-1.0

Pocket

 11月3日に公開された新作、

15日水曜日にようやく観ることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例によって、一切の予備知識なしで臨みました。

1954年の、第1作の前、戦後直後の時代が舞台である、ということと、

神木隆之介さん、浜辺美波の2人が出演している、

という2点だけは噂で耳にしていましたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初から大戸島が登場し、わくわくする展開。

神木隆之介さん演じる敷島が、特攻兵の生き残りパイロット、

というところで、なんとなくストーリーが浮かびました。

主人公の敷島という苗字は、

おそらく最初の特攻隊の名前である敷島隊からでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初の神風特攻隊は本居宣長の歌、

「敷島の大和心を人問わば、朝日に匂ふ山櫻花」から

「敷島隊」「大和隊」「朝日隊」「山櫻隊」と名付けられました。

敷島少尉、何とか坊主頭にて演じてほしかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近年、高層ビルが立ち並び、

巨大化しても追いつかないゴジラが、

やはり終戦直後の東京だと充分デカくて、これは大正解。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このシーンも、その前のラジオ中継のシーンと同じく、

1954年のゴジラへのオマージュであり、

サイコーだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 舞台が銀座なので、残念ながら葛篭(つづら)や布団を載せた大八車は登場せず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もっとも残念だったのは、ゴジラの造形が、

頭が小さく、背びれの大きい「イマドキのゴジラ」だったこと。

もっと「昭和ゴジラ」ならよかったのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう泳ぎ方は「ハリウッド型泳法」だが、

この方がトカゲ型生物としてはリアリティーがあるので、

これは〇だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドラマは旧日本海軍が解体され、まだ自衛隊はおろか

その前身である警察予備隊も海上警備隊もない時代。

まさか、そこに「高雄」がやってくるとは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画を観ながら、

旧日本海軍重巡洋艦高雄型1番艦の「高雄」は、

そういえば終戦時シンガポールの港で浮いてはいたが、

たしか航行不能だったはず。

そもそも20センチ砲はすでに撤去されていたのでは。

などと思いながらも、

「高雄」の登場にワタシのワクワクは止まらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、「高雄」でもそりゃ無理だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、登場するのが終戦時航行可能であった

駆逐艦「雪風」「響」「夕風」「欅」。

彼女たちは終戦後「復員船」として活躍しました。

このシーン、気分アガります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このうち「夕風」は大正時代に建造された老朽艦、

「欅」は開戦後に建造された丁型といういわゆる簡易駆逐艦なので

速力もパワーも落ちるということで、

ここは甲型駆逐艦栄光の「雪風」と特型駆逐艦「響」の出番だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本来ならば唯一沈没を免れた戦艦「長門」と、

無傷のまま残った軽巡洋艦「酒匂」を登場させたいところだが、

この2隻はビキニ環礁の原爆実験クロスロード作戦で標的艦になっている。

今回のゴジラは大戸島のゴジラが原爆実験によって巨大化したもの、

という設定なので登場叶わず、残念。

こちらはちゃんと主砲は撤去されており、

特型Ⅲ型にあたる「響」の第1煙突が

ボイラー数の変更に伴い第2煙突より細いところも

きちんと再現されていて、観ていて気持ちが良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて敷島元少尉が旧日本海軍パイロットの生き残りとして、

自ら飛行機に乗ってゴジラに復讐を挑む、という筋書きは

1955年公開の第2作「ゴジラの逆襲」と被るが、

今回は終戦直後で、第2次世界大戦時の飛行機を使う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画では、アメリカ軍がソ連との緊張関係で

軍事行動がとれないという設定であったため、

映画を観ながら途中までは

敷島元少尉がアメリカ軍の戦闘機を託されて

それに乗ってゴジラと戦うのであろう、と考え、

その場合、機体はおそらく「P-51ムスタング」であろうと予測した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、途中から旧日本海軍の戦闘機を調達する、

という流れになり、その瞬間に、

旧日本海軍とすればここで選ばれる機体は絶対「震電」に違いない。

そして、震電は操縦席後方にプロペラがあるため、

ゴジラに突っ込んで脱出装置で帰還するのだな、

というところまでが分かってしまった。

果たして、予想通り「震電」であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところがワタシが勘違いしていたのは、

震電はけっきょく終戦まで脱出装置は実用化されなかった、

ということで、

それは映画を観終わったあと、ネットで調べて

自分の記憶があいまいであったことを知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに元整備兵の橘宗作が安全装置、と説明するものが

実は脱出装置であって、敷島元少尉が特攻するつもりで、

脱出成功して、助かってしまう、というストーリーかと思ったのですが、

実は敷島元少尉が自らの意思で脱出レバーを引くのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あとから思えば、キャッチコピーの

「生きて、抗え。」なわけだし、

この行為によって敷島元少尉が

自らの戦争を「終戦」とすることができたわけで、

この脚本は納得、正解だと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、そう思ってる人はと思うが、

このキャスティング、何とかならなかったかなあ。

途中から「らんまん」がかぶってどうしようもない。

しかも浜辺美波さんが存在感ありすぎで、

ゴジラ映画では女優さんは河内桃子、沢口靖子さん程度の

出番にとどめていただきたかった。

むろん、ご本人の問題ではなくシナリオ、演出の問題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで全体としては☆4つ半だが、

神木隆之介さんの髪型、ゴジラの造形、浜辺美波さんの存在感多すぎ、

がマイナスポイントで、4.2、くらいかなあ。

もちろんゴジラシリーズ屈指の名作であることは間違いない。

「シンゴジラ」をもう一回観てみます。

 

 

 

 

 

 

1件のコメント

コメント/トラックバック (1件)トラックバック用URL:

  1. 先生、やっと御感想が聴けました! ワタシも「シンゴジラ」を翌日見直しました~。どちらも素晴らしい作品ですね!

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ