ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.12.28

ゴジラモスラキングギドラ大怪獣総攻撃

Pocket

映画「ゴジラ-1.0」を観て、かなり良かったので、

その後自宅で「シン・ゴジラ」を改めて観直したのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやあ、これは、もう全然レベルが違う。

シン・ゴジラ、本当に凄いわ。

シン・ゴジラの凄さをあらためて実感させられました。

初代ゴジラが100点ならば「シン・ゴジラ」は98点くらい。

それに対し「ゴジラ-1.0」は、いいとこ85点くらいかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、以後、過去のゴジラ作品をぽつぽつ見直しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はコレ。

2001年公開、ゴジラモスラキングギドラ大怪獣総攻撃。

実はこの映画、

今回の「ゴジラ-1.0」のシナリオとの類似性で話題になってるようで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成ガメラで名をあげた金子修介監督の作品です。

当然、公開当時劇場でも観てますが記憶はあいまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白眼のゴジラ、というのは強烈に覚えていました。

白内障のようで個人的にはキライでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、タイトルは「ゴジラモスラキングギドラ大怪獣総攻撃」ですが、

この映画にはバラゴンが出ていたのでした。

バラゴンといえば1965年の映画「フランケンシュタイン対地底怪獣」で登場し、

以後変身して「パゴス」「ネロンガ」「マグラ」「ガボラ」と

実に様々な怪獣を演じた、怪獣界の名脇役。

森を踏み倒しながら進行するシーン、

パゴス、ネロンガもそうでしたが、バラゴンには森が似合います💛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、めっちゃ弱い。

全然ゴジラには歯が立たない。

もともとバラゴンはフランケンシュタインと戦ったのだが、

この時のスケール設定は、体長25メートルと

それまでの東宝怪獣映画より小さい設定であった。

この時はフランケンシュタインの身長20メートルに合わせた設定で

セットのミニチュアもそれまでの1/25から1/12になっていた。

今回の設定では公式データ30メートルと、ちょっと成長したが、

やっぱ小さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、ブーン、と。

タイトルにもゴジラモスラキングギドラ大怪獣総攻撃で

名前のクレジットがなく、不憫なバラゴン。

デビュー作もタイトルは「地底怪獣」で

「フランケンシュタイン対バラゴン」ではなかったしなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、今回知ったのだが、

この映画のバラゴンのスーツアクターは女性であった。

当時知って忘れてただけかもしれませんが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きさの違いを出すために、小柄な女性を起用したのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、金子監督は怪獣同士によるいわゆる怪獣プロレス、

を重視したらしく、ゴジラの造形は初代を踏襲しつつも、

なんとなく、動きが軽く、柔らかい感じ。

ゴジラの持つ重厚さが、感じられません。

歴代スーツアクターの中島春夫氏や薩摩剣八郎氏のような凄味がない。

キングギドラも同様な感じで、格闘戦用のためか首が短いのがカッコ悪い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キングギドラは地上に立ってる時間が長く、

常に宙に浮いているキングギドラ特有の無重力感、浮遊感がないのが不満である。

そもそも金星を滅ぼした宇宙怪獣が、

いつの間にか日本を守る千年竜王になってしまっている。

このキングギドラはデザイン的にも演出的にもかなり不満だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古代王朝の時代には狛犬や鳳凰、ヤマタノオロチの伝説の基になった3頭の怪獣、

バラゴン(婆羅護吽)、モスラ(最珠羅)、ギドラ(魏怒羅)が存在した。

彼らは退治された後、その霊を慰めるために神としてまつられると同時に、

それぞれ妙高山・池田湖・富士樹海へ封印され、

「護国聖獣」と呼ばれるようになった。

同胞を殺した敵を神と崇める日本独特の風習は、大和朝廷にも引き継がれた。

という以上コピペ、な設定だが、鳳凰ならモスラではなくラドンなのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、この古代神獣の設定は

1990年公開、実相寺昭雄監督の「ウルトラQ ザ・ムービー 星の伝説」

に近いものがあります。

実はこの「ウルトラQザ・ムービー」は、当初

本作監督の金子修介監督で企画が進んでいたらしく、

今回の脚本はそのリベンジもあるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本古来の神として祀られていた怪獣が蘇る、という設定は

1958年の「大怪獣バラン」を思い出させるが、

バランのリメイク「シン・バラン」、観たいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ゴジラもキングギドラも怖い顔をしてる割になんとなく、

アニメっぽい印象だったのだが、

その要因の一つがこれだったと思う。

この映画なんと「とっとこハム太郎」と2本立てであった。

ワタシはハム太郎の上映中は寝ていたが、

逆に小さい子はゴジラが怖くて泣きだした子もいたと聞く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはやはり無理がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、この映画最大の欠点は人間ドラマである。

個人的には怪獣映画には人間ドラマ、家族愛や恋愛ドラマは一切必要ないと思っています。

まず何しろこのジャーナリストのお姉ちゃんがウザすぎる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイクとカメラを持っている側は常に正義である、

というマスゴミの精神丸出しで、

周囲の人々迷惑を全く顧みず、

自分の「正義」を押し通そうとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

周りの人の危険など、知ったこっちゃない。

まったく、共感できず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その親が宇崎竜童である。

作曲家、ミュージシャンとしては一流であっても

俳優としては素人同然。

演技力のなさは目を覆うばかりだ。

おまけに見てくれが

スナックのマネージャーかライブハウスの店長で

どこから見てもまず軍人には見えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけに、この軍の総指揮官が自ら特攻潜水艇に乗って、

ゴジラに突っ込んで行く。

無責任にもほどがある。

そのあとの全軍の指揮はどうなっちゃうのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、あろうことか、信じられない展開で生還しちゃう。

ゴジラの体内はいわば巨大な原子炉なんだから、

呑み込まれた時点で急性放射能障害で死んでるでしょう。

クジラに呑み込まれたピノキオじゃないんだから。

娘もそうだが、この親子の不死身ぶりは異常です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この立花准将が横浜港で作戦を誤り、

散開させた地上部隊をほぼ全滅させた責任は、

かなり重いと思うので、

どうせ軍法会議にかけられるならと、

初めから死ぬ気だったのか。

対ゴジラ攻撃に出発するとき、

自分でなく他の隊員ならよかったのか、

と娘に問うシーンがありますが、

あれだけ部下を無駄に犠牲にしていながらよく言うよ、という感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、いいところもあります。

モスラの羽化のシーンはCGが導入された

この時代になってからならではのもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モスラもかなりよくできていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この映画館でこの作品を観た人はウラヤマシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半の箱根ロープウェイでのバラゴンのシーンも良かった。

去年行ったばかりだったし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温水洋一さんのこんなシーンも怪獣映画には必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、なんといっても天本英世の存在感。

このヒト以外にこの役を演じられる人はいない。

2003年に77歳で亡くなっており東宝特撮映画ではこれが最後の出演であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このシーンなど、初代ゴジラへのオマージュそのものですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番ぐっと来たのは、このタイトルロールでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番ぐっとくるところがタイトルロールでは、

やはり困ります。

そんなわけで、この映画、60点くらいかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ