ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.08.01

コロナ後遺症に効く?

Pocket

 コロナ後遺症は、数多くの種類が報告され、

後遺症の出る人も出ない人も、

すぐ治る人も、なかなか治らない人も様々なようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 治療法も一定のものがあるわけではなく、

そもそも本当にそれがコロナウイルスによる後遺症かどうかも不明、

というものも数多くあるような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その中で、ある人がこれが効いたからといって、

自分にも効くはずだ、と思うのは、

他の疾患の治療と同じく医学のシロートが陥りやすい間違いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よく朝刊の下の方に出てる本とか、「健康」「爽快」といった健康雑誌に

「○○でがんが消えた」「××習慣で耳鳴りがピタリと無くなった」などと書いてある

インチキ記事に騙されるパターンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナ後遺症にBスポット療法が効くという話もありますが、

確固たるエビデンスがあるわけで無し、

漢方療法や鍼灸、温熱療法、サプリ等々、

やったから治ったのか、やらなくても治ったのかわからない治療を

熱心に勧める医者に今一つ共感できないところです。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的には、「時間」が一番信頼できる治療法だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんななか、こんな知見があるようです。

市販の抗ヒスタミン薬でコロナ後遺症「ロングコビット」の症状が解消した、との症例報告

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こりゃー、胡散臭い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここに出てくる「ジフェンフェドラミン」は

大変古い第1世代の抗ヒスタミン剤で

日本での商品名は「レスタミン」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 市販の総合感冒薬には鼻水を抑える成分として、

かなりの確率で配合されていますが、

ともかく「眠気」の副作用が多い。

市販の風邪薬で眠くなる人は殆どこの薬に反応しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この報告で出てくる医師が処方した「ヒドロキシジンパモ酸塩錠」の

日本での商品名は「アタラックスP」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここまでくるとこのブログの読者のうち

お医者さんと薬剤師さんは、おやまあ、と驚かれることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「レスタミン」はその眠気のため、

現在は通常の外来診療で使われることはまずなく、

皮膚科のかゆみ止めの軟膏として用いられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「アタラックスP」はその眠気を利用して、

不安・緊張・抑うつを緩和し術前・術後の悪心・嘔吐の防止するため

麻酔前投薬としてよく注射されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これがコロナの後遺症に著効するとはにわかに考えにくい。

眠くなっちゃうだけじゃないの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、この文献では症例報告で症例数は「2」だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレが論文や研究発表を目に知るときにまず見るのは「n」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「n」とは症例数や、検査数のことで、

グラフや表には必ず「n=38」とか「n=4785」

とか、対象となった症例数が記載されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 良いデータが出ていても「n」が少なければ、

一般には認められません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 世の中にはたまたまや偶然は星の数ほどあるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中には「梅干を食べたらコロナ後遺症が嘘のように消えた」とか

「試しにコーヒーの代わりにハーブ茶にしたら後遺症が改善した」

「マクラをソバがらに変えたら症状が軽快した」

「パンツを裏返しにはいたら後遺症が軽減」

なんてことがあるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これらは、同じように偶然っぽいけど、

マクラやパンツとちがって

梅干と、ハーブ茶は体に取り込むだけになんかありそうな気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、実際はそれらはタマタマで

むしろソバがらマクラで安眠できたことの方が

症状の改善にかかわったかもしれません。

パンツは無いかもですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 抗ヒスタミン剤については

今後、大規模治験が行われるかどうかは分かりませんが、

今の段階では、何とも。

この2例報告を見て、イキナリ、よし患者に使ってみようという医者がいたら、

ちょっと、どうかなあ。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ