ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.05.31

コロナの空気

Pocket

 さて、先週から潮目が変わったというお話を書きましたが、

まさにここにきて新型コロナは激減しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 咽頭痛や熱発者はそれなりにいて、

PCR検査数も少なくはないのですがすべて陰性。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 学会明けの土曜日、月曜日の新型コロナ陽性者は1名のみ。

それも同じ部活内で陽性者があり翌日熱発したという

因果関係、感染経路が明確な1例のみでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 潜伏期の短いオミクロン株は、感染のまん延も早いですが、

収束に転じると同じ理由でその減少のスピードも速いと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 変わったのは外来の空気感です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 連日患者さんを診て、話を聞いて、検査をしていると

その結果を見て、ああ、今はこんな感じなんだなという

コロナ場とでもいうような「場」の空気が実感できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一時は、検査陽性率は7割から日によっては10割という日もあり、

えー、こんなんでも出ちゃうの、とかいう例がけっこうあって

目に見えないコロナの重圧をひしひしと感じていました。

それもホンの1か月足らず前の話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自分でコロナの検査をしていない先生が、

疑うべき症例を「野放し」にして実際にそこから感染が拡大しているのを見て

かなりの危機感を覚えていましたが、

今は、ここまでは(検査しなくても)大丈夫、

というエリアがだいぶ広がってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 職員も、その空気感を体験から共有しているので、

患者さんの隔離、誘導も自然と臨機応変の対応が出来るようになっていて

まことに頼もしい限りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2週間前のリスクマネージメントと現段階でのそれは

かなり変わってきています。

毎日検査をして答合わせをすることによって

リアルタイムで状況の変化を実感することが出来るのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実際に検査をしてない医療機関との違いはそこです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今後も油断することなく動向を見極めたいと思っています。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ