ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.07.29

コロナの中のモーツァルト

Pocket

コロナコロナで身も心も疲弊する今日この頃。

つかの間の安らぎを求めて、の日曜日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目指すは、東京、池袋。

クラシックのコンサートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中乗り換えの上野駅でランチ。

よく利用するお気に入りの「つばめグリル」。

順番待ちのあいだ、ふと見ると気になるこの看板。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

席に着くと、さらに追い打ちをかけるように・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

負けました。

コンサートや映画の前は途中でトイレに行けないので、

ビール類は控えていたのだが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、今回はマーラーやブルックナーではなく、

モーツァルトなので大丈夫かと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもの「ツバメ風」ではなく「ジャーマンハンブルグステーキ」を頼んでみました。

あ、モーツァルトはオーストリア人か。

まあ、当時はオーストリアも神聖ローマ帝国領だからジャーマンでいいのだ。

なぜ目玉焼き載せがジャーマンなのかは不明。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

池袋にある東京芸術劇場もひさしぶり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は東京都交響楽団だが、指揮はアラン・ギルバート氏。

実は、はじめて本格的なクラシックのコンサートに行ったのは

アラン・ギルバート指揮のニューヨーク・フィルであった。

あの時は2万9000円のチケットであったが

都響なのでS席前から8列目でも7500円でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このコンサートのチケットを取ったのは、

もう当院のコロナも連日ゼロで終わったかなーと思う頃だったのですが、

ここにきて新型コロナが連日最高感染者記録を更新する中、

東京でコンサートはどうかと思いましたが、

たぶん、この状況では感染はしないであろうと感じました。

会場はほぼ満席でしたが、全員がマスク着用、

席も立たず前を向き、誰もしゃべらない。

1年前、2年前と違い新型コロナの振舞いがわかってきた今では、

ウイルスの動きをある程度見切ることが出来るようになったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むしろ、ヤバかったのは帰りのりょうもう号で、

後ろの席の外国人がずっとしゃべっていたところ。

会話は、感染の最大のリスクです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指揮者のアラン・ギルバート氏は、久々に見ましたが、

指揮棒も持たず、指揮台もなし。

腕をぐるぐる振りながら行う激しいアクションは、

その風貌と相まって、クラシックのマイスターというよりは

欧州リーグのサッカー監督がテクニカルエリアで指示を出してるかのようであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 モーツァルトは曲にヘンにいじくった後がなく、

破綻なく経過するので、実に心地よい。

やはり天才の所業といったところが隅々まで感じられます。

演目はモーツァルト晩年の交響曲3部作、39番、40番、41番という、

これまた破綻のないプログラム。

この3曲は1788年の夏に集中的に書かれています。

39番の完成が6月26日、40番が7月25日、41番が8月10日ってスゴイよね。

ギルバート氏のジュピターは2回目ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナな日常をしばし忘れる優雅な時間を過ごしました。

心配したトイレも全然大丈夫だったし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰りに崎陽軒の炒飯弁当を買って帰り、満足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これ、最近、シウマイ弁当よりハマっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、翌日からはコロナの日々が待っている。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ