ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.11.22

コロナから生還して

Pocket

 コロナで1週間、さらに学会での休診もあり

ようやく日常の診療ペースに戻ると

コロナがスゴイことになっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先週あたりは、コロナの陽性率が

7、8割から日によっては10割になっており、

猛威を奮っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先週末、ワタシが校医をやっている学校の教頭先生から電話があり、

あるクラスでコロナが6人出たのだが、

学級閉鎖した方が良いでしょうか、

などという電話あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなもん、校医の意見を聞くまでもなく、

即刻学級閉鎖に決まってるでしょう、

と一言で済ませたかったのですが、

ワタシはオトナなので丁寧に説明をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マスコミや政府があまり脅しをかけなくなったので、

患者さんのコロナに対する意識が低下して、

自覚のないコロナ疑いの人を多く見かけるようになり

毎日、ピリピリしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも、ワタシも副院長もコロナに罹って治ったばかりなので、

そこのところは非常に安心感があり、

落ち着いて診療ができるのは大変ありがたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、実際に経験したことによって、

コロナを疑うべき症状がよりはっきり理解できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オミクロンは「のどの風邪」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ノドのいがらっぽさが先行し、

やがてノドの痛み、特に唾などを飲み込むときの嚥下痛が強いのが、

際立った特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日受診した40代の女性の患者さんは、

3日前から喉がいがらっぽかったが、

前日から、唾を飲むのも痛くなり来院。

熱は36℃台で、周囲にコロナを疑わせる人はいない、

とのことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、ノドを診てみると、これがほとんど赤くない。

溶連菌やその他扁桃炎を思わせる所見が無く、

訴える症状と所見の乖離がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさにこれはコロナの経過のようだ、

アヤシイぞ、と思い、検査してみると

果たして新型コロナ陽性でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナ、もちろんなりたくはなかったですが、

いったんかかって回復してみると、

臨床医としてはメリットの方が結果的に多かったかも、

という気がしなくもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、昨日受診した患者さん、

発熱で内科にかかろうとしたら断られた、とのこと。

しかもどこに紹介するでもなく。

そんな対応をして、医者としてどうなのよ。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ