ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2012.07.12

ゲージツの「梅雨」(クラシック音楽編)

Pocket

 さて、銀座でランチを食べてから渋谷に向かう。
 オーチャードホールでN響のコンサートだ。
 今回、このコンサートに足を運んだのは
その演目にある。
 メインは「ベトシチ」ことベートーヴェンの交響曲第7番。
 
 ロック的な盛り上がりを持つこの曲は
クラシックの中でも最も好きな曲の一つなのだ。
 そしてもう一つが
シューマンのピアノ協奏曲である。
 この曲は怪獣オタクにとっては重要な曲である。
 ウルトラセブン最終話「史上最大の侵略」。
 怪獣パンドン(←カッコワルイ)を擁するゴース星人の攻撃によって
ウルトラセブンと地球防衛軍は壊滅的な危機に瀕する。
 そして、ダンはアンヌに自らがウルトラセブンであることを
カミングアウトするのだ。
 「アンヌ、僕は……。
 僕はね……、人間じゃないんだよ!
 …M78星雲からきた、ウルトラセブンなんだ!」

img58dd54f1zik5zj.jpg
 その瞬間流れるのがこの
シューマン 「ピアノ協奏曲 イ短調 54番」なのだ。
 動画でもご覧ください。

 うおー、盛り上がるー。
(勝手に反応してます)
 実はワタシが持っていたCDの演奏は何となく印象が違うなあ、
と常々思っていたのだが、
この機会にインターネットを使って調べたら
実際に番組で使われた音源が分かってしまった。
 ディヌ・リパッティのピアノ独奏、
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮フィルハーモニア管の演奏。
1948年9月の録音なのでもちろんモノラル。
 いやあインターネット、ホント便利です。
 CD化されてるとのことで
先日、早速アマゾンで取り寄せてしまい
聴いて見たが、ああ、これこれ。
 ピアノのタッチがかなり激しいのが特徴。
 クラシックも聴き込んで耳が慣れると
同じ曲でも指揮者や演奏家によって
大きく印象が変わるのだということが分かってくるのだ。
 そして、先日のオーチャードホール。
 ピアノの小菅優さんは女性だが見た目
ピアニストというよりは、声楽家みたいな体型。
(さらにいうともうちょっとたくましい)
 おお、これならやってくれるのでは、
という不純な(?)期待に応えるパワフルな演奏でした。
 そして最後にモロボシ・ダンは言うのである。

 「僕はM78星雲に帰らなければならないんだ…。
西の空に、明けの明星が輝く頃、
一つの光が宇宙へ飛んで行く。
…それが、僕なんだよ!」  

 ちなみにこのダンのセリフ、
「西の空に」とありますが、
「明けの明星」が輝くのは、西では無く、東の空です。
 これもウルトラマニアの間では有名な話。
 ある説では、「西の空に」は、「明けの明星」ではなく
「飛んでいく」にかかるから、正しい、とする解釈もあります。
 あの日のオーチャードホール、
梅雨空で見えない夜空の彼方に
たしかに一つの星が飛び去っていったのを見たぞ、
みたいなヒトが、ワタシの他にも何人かいたかなあ。
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。




コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ