ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2016.01.21

グレン・フライの死を悼む、そしてグレン・フライ・モデルのこと

Pocket

 

 いま、ラストアルバム「ザ・ロングラン」を聴き終えました。

 

 

 

 

 デビッド・ボウイに続いてのグレン・フライの訃報である。

 

 Glenn-Frey-Guitar

 

 

 

 イーグルスはデビッド・ボウイに比べ活動期間が短いので、オリジナルアルバムはすべて持ってます。

1枚目から順番に全曲聴いてみました。

 

 

 

 

 

 

 イーグルスとの出会いは1975年。当時高校1年生。

ニューアルバム「呪われた夜」の発売に合わせて、FMラジオや音楽雑誌でイーグルス特集が組まれ

過去の曲も多くオンエアされたのでそれを録音しまくってイーグルスの概要を知った。

 

 

 

 

 

 

 

 「呪われた夜」は誰か友人のレコードを借りてカセットに入れたような。

エクソシスト以来のオカルトブームのイメージのジャケットですが、このアルバムは良かった。

何回聴いたことか・・・。

 c0128722_1215095

 

 

 

 当時ウェストコーストの3大バンドといえば、

「ドゥービー・ブラザース」「スティーリー・ダン」とこの「イーグルス」であった。

(もともとウエストコースト・サウンドは日本だけの呼称らしいが

今や日本でも若いヒトはウエストコーストといってもわからないだろうなあ。)

 

 

 

 

 

 

 だから、ワタシにとってのグレン・フライは上の写真よりはこっちのイメージ。

 94410429_10

 

 

 イーグルスとしてももちろんベースランディ・マイズナーで

ジョー・ウオルシュはまだ加入しておらず

バニー・レドンの印象が強い。

(バンジョーってちょっとあこがれました。)

 

 

 

 

「テイク・イット・イージー」はずっと大好きな曲だ。

あちこちで演奏した。

 

 

 

 

 

 ところで、実はワタシ、グレン・フライのシグネチャー・モデルを所有しています。

 

 

 

 

 

 シグネチャーモデルといえばクラプトンのストラトとか、ザック・ワイルドのレスポールとか、

マイケルシェンカーの白黒フライングVなんかがパッと浮かぶけど、

グレン・フライのギターって何?タカミネ?マーチン?

 

 

 

 

 

 コレです。

 P1210031

 

 

 

 

 

 なんとリッケンバッカー、しかも普段なかなか見ないレアモデル。

 

 

 

 

 このギター、リッケンバッカー230GFといい、GFはグレン・フライのイニシャル。

ソリッド・ギター、ボルトオンネックでレスポールで言えばジュニア、メロディメーカー

フェンダーで言えば、ムスタング、ミュージックランダーのような

スチューデントモデル的な位置づけらしい。

 P1210026

 

 

 

 

 

 だが、このギター、当のグレン・フライ本人が使ってるのを見たことがない。

 images

 

 

 

 

 噂ではリッケンバッカー社からシグネチャー・モデル製作の打診があった時、

シンプルなモデルを、というグレン・フライの希望があったとかなかったとか。

 

 

 

 

 

 アコギ主体であまりエレクトリック・ギターを弾かないグレン・フライだが

(一番上のタカミネのアコギはグレン・フライのシグネチャーモデルがあるらしい。)

このジャケットではバインディングなしの真っ黒のレスポール・スタジオ(?)を持っており

リッケンのこのモデルは、このギターのイメージに近いので好みのタイプなのかも。

 maxresdefault1

 

 

 

 

 

 で、リッケンバッカー社からシグネチャー・モデルとしてグレン・フライに渡されたこのギター、

本人が弾いてるのは見たことないが、イーグルスのギタリストであるジョー・ウオルシュが気に入っちゃったらしく

しばしば拝借してステージで使っているらしい。

c90d031f8c1b1360a45bcaa26ac082a4

 

 

 

 

 

 

エリック・クラプトン主催のクロスロード・ギター・フェスティバルでも弾いてた。

ちゃっかりしたヒトだ。

 E382B9E3838AE38383E38397E382B7E383A7E38383E38388_007-dfa98

 

 

 

 

 

 ワタシも入手後何回かライブで使ってみた。

写真を比較するとジョー・ウオルシュのデカさがわかる(笑)

 067

 

 

 

 

 

 シンプルでカッコよく、コンパクトなんで取り回しが楽である。

 138

 

 

 

 

 

 

 ところで、このギター、中古で買ったわけだが鑑定書付きである。

 P1210033

 

 

 それによるとワタシのギターは1000本製作されたうちの48本目。

 

 

 

 

 

 

 最初の100本にはグレン・フライが鑑定書に直筆でサインしたとあるので、

このサインは本物らしい。

 P1210034

 

 

 

 

 

 

 ギターのサインは無論刻印だが。

 P1210030

 

 

 

 ワタシはコレクターではなく、使ってなんぼのヒトですので、鑑定書なんかは実はどうでもいいのです。

 

 

 

 

 

 

 そもそもリッケンバッカーのこのモデルは高校生の時雑誌で偶然その存在を知り

カッコいいなあと思いずっと探してたギターなので

グレン・フライのシグネチャー・モデルだったというのはタマタマなのです。だって、本人使ってね―し。

(ファンのヒトに怒られそうだなあ。)

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、青春時代、ことあるごとに聴き、歌ったイーグルス、大好きなバンドであることに違いはない。

グレン・フライ氏への追悼の意味を感じて今度のライブで使ってみようかなあ、と。

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、演奏する曲は全く関係ないんですけど。(^^;)

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ