ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.12.27

クラブワールドカップは3位決定戦で敗れ4位に終わる

Pocket

3位決定戦の相手はアフリカチャンピオン。

アル・アハリはエジプトのチームだというが、

イスラム圏のチームはみんな似たような名前だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合は日本時間で金曜日の23時半キックオフ。

翌日の仕事、忘年会も気になったが生で見るしかない。

忘年会のためにギターの弦を張り替えつつ見たが、

アーニーボールの袋が写りこんでますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホセ・カンテはこの試合が現役ラストゲームになるはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またまた未知の相手との戦いであるが、

アフリカのチーム、ともかく思い切りが良い。 

開始18分、ドカーンとミドル、西川弾いたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 詰められ、失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、24分、レッズのゴール前にこぼれたボールに

なんと相手10番がフリー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これをまたドカーンと決められる。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 立て続けの2失点で、こりゃダメかなと思ったが、

前半終了間際の43分、アナウンサーの「カンテー!」の叫び。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホセ・カンテのビユーティフルゴールが決まり1点を返す。

そういやカンテもスペイン生まれだがアフリカ、ギニア代表だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、後半になりこのプレーがハンドの疑いでVARの対象に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 判定はハンドでレッズがPK獲得。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、なんとこの試合、審判団は全員女性でした。

FIFAのアピールだろうが、きびきびして全体に良いジャッジであったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、PK職人ショルツ登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相手GKの動きを見て冷静に真ん中に決める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、これで試合は振出しに戻り、

2点差を追いついたレッズ有利と思いきや、

60分の相手シュートは小泉の足に当たって

大きくコースが変わってゴールに吸い込まれてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 記録はオウンゴール。

どうも、この大会こんな感じの失点が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして72分にはさらにPKを喰らうが、西川がこれをセーブ。

まだまだ分からないぞ、と思ったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロスタイムにまたもんのすごいフリーキックを決められ、万事休す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一度は追いついたものの試合は2-4で敗戦。

3位決定戦で敗れたレッズは世界4位となった。

オウンゴールの得点者はわざわざKOIZUMI表記になるんだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、これで長い2023年のシーズンが終了。

浦和レッズはなんと年間60試合もの公式戦を戦った。

内訳はリーグ戦の34試合、

準優勝に終わったルヴァン杯が11試合、

天皇杯が3試合。

昨シーズンから年を跨いでのACLファイナルが2試合、

2023―24シーズンのACLプレーオフ1試合、

さらにグループステージ6試合。

そこにFCWCの3試合を加えると60試合となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リーグ戦は他のチームも同じだが、

ルヴァンカップはグループステージで負ければ

試合数は6、天皇杯はJ1のチームは3試合くらいはするとして、

ACL、クラブワールドカップは出場権がないチームがほとんどだから、

他のJ1のチームは大体45試合くらいが平均なのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 海外遠征を含めた年間60試合は、そりゃキツイ。

そこを考えると、来年のACL出場権は逃したし、

天皇杯の出場権に至ってはサポーターの騒動で剥奪されてるから、

来年はリーグ戦に全勢力を傾けられる、はず。

2024年はJリーグ優勝、狙えるぞ。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ