ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.03.13

ギャンブルの才覚

Pocket

術後性頬部嚢腫という病気があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慢性副鼻腔炎に対し、上顎洞根本術という

骨を削って、上顎洞の粘膜をすべて除去する手術をしたあとで、

術後数十年たってから、

嚢腫という袋状のモノができ、中に粘液が貯留しることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中で細菌が増えると、急激に腫れて痛みを伴います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前はよく見られた疾患ですが、

最近は副鼻腔炎の手術法が変わり、

内視鏡による副鼻腔の粘膜を保存する術式に変わったので、

最近はとんとお目にかかりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日受診された70代の女性の患者さんは、

右の顔面が大きく腫れて目も開きにくくなっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻の手術の件を聞いたところ、

ハタチ前に両側の上顎洞根本術を受けていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左側は完全に治っていたのですが、

右側は嚢胞ができて、おそらく膿が充満してる様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、その場で針を刺して膿を抜くことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ピンク針と10mlのシリンジ下さい。」

といって、注射器で歯ぐきから膿を抜きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピストンを引くと茶褐色の膿が出るわ出るわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たちまち10mlのシリンジがいっぱいになっちゃったので、

「スイマセン、もう一本ください。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「10mlで良いですか?20mlにしますか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 との問いに

「うーん、10mlで。」

と答えたワタシ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、結果的に、それでも足らず

3本目のシリンジも使い合計27mlの膿が引けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、やっぱり、オレはギャンブル弱いなあ。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ