ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.04.24

キングコング:髑髏島の巨神

Pocket

 

 コレは観なければ、という映画やっと観てきました。

ちょっとこのポスターはB級感強すぎなのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まごまごしてるうちに地元足利での上映は終わってしまい、

トナリの佐野市まで足を延ばすことになった。

吹替え版は足利でも上映中だったが、断然字幕派なので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一方ここ佐野では吹替えはやってないみたい。

16;35の回、劇場内は我々夫婦のほかは2,3組であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやあ、観て良かった、オモシロカッタ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キングコングはメジャーどころでは4回目のリメイクかと思うが、

ワレワレ東宝ファンにとってはゴジラシリーズでのキングコングも印象深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中でも大傑作「キングコング対ゴジラ」を思い出さずにはいられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回も最後のオオトカゲ(?)との対決シーンでは

山の向こうに熱海城の幻が見える思いがした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば「キングコング対ゴジラ」のゴジラの着ぐるみは、

ゴジラシリーズきっての「トカゲ顔」であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、今回の「キングコング」でもう一つ思い出されるのが、

映画「地獄の黙示録」である。

当時大学生でしたが、夏休みかなんかに高校時代の同級生と観に行きました。

今回のキングコングの時代設定が、ベトナム戦争の終わった日というのがミソです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この夕日をバックにヘリコプターが飛ぶシーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう完全にコッポラへのオマージュでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、このヘリコプターUH-1イロコイですが、これがコングにやられちゃうのも、

「地獄の黙示録」でベトコンの少女に爆破されちゃうシーンに重なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それから髑髏島の物言わぬ原住民が登場するシーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これも「地獄の黙示録」のコレでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後にP-51と零戦とB-29をくっつけた改造ボートで川を下って脱出するシーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレもまんま、このイメージ。マシンガン付きだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「地獄の黙示録」ではドアースやローリングストーンズがかかっていましたが、

この映画でも「ジギースターダスト/デヴィッド・ボウイ」や

「バッド・ムーン・ライジング/クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル」など

当時の曲がかかって気分盛り上がります。

中でもCCRの「ラン・スルー・ザ・ジャングル」はピッタリの曲でサイコー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 てなわけで、ひと粒で3つも4つもオイシイ映画でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、この映画、ハリウッドの「ゴジラ」製作チームが作った映画で、

2014年のゴジラに登場した組織「モナーク」が描かれていますが、

実は、次作がすでにアナウンスされております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、キングコング対ゴジラらしい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2020年公開予定だそうですが、これまた期待と不安でイッパイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、冒頭の太平洋戦争の空戦シーン、

P-51ムスタングはキングコングの、そして零戦はゴジラのメタファーなのかも・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エンドロールが流れると毎回、席を立つお客さん多く、

今回も残ったのは我々のほか1組だけでしたが、

先に帰ったお客さんは重大なシーンを見逃しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すべてのエンドロールが終わったあと、もう1シーンあったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 モナークのシーンで、

そしてそのさらに最後にはゴジラと思われるシルエットと、もう一つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あのシルエット、間違いなく・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさか、アレも次回作で登場するのか????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あーーー、また、期待と不安が10倍くらいになった。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ