ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2015.05.02

ガンバ相手に(とりあえず)雪辱

Pocket

 

 

 

 あー、間にあったかも。

 

 

 

 

 今日は参戦を初めからあきらめていた。

GW前で今週は連日200人近くの外来、

連休入り直前の土曜日なんて何時に終わるかわからない、

きっと、14時過ぎ、下手すりゃ15時だ、などと思っていたら、

それなりに混んだが、97人の来院で12時45分終了。

 

 

 

 

 すぐに車に飛び乗れば、14時のキックオフには無理でも

前半15分くらいにはスタジアムにつけたのでは。

 

 

 

 

 

 まあ、チケットは完売なので自宅で見るしかない。

 

 

 

 

 メシ食う時間も出来たし。@豊田屋食堂

 

P5020001

 

 

 

 

 

 ここはやはり【上】で!!

 P5020002

****************************************************************************

2015年J1第9

浦和レッズ  1-0   ガンバ大阪 (埼玉スタジアム2002)

   (前半 0-0)

   (後半 1-0)

***************************************************************************

 

 間違いなく前期の優勝の行方を占う大一番。

 

 

 

 

 NHK地上波が、生中継。

 P5020006

 

 

 

 解説でも繰り返し語られた去年の第32節

 

 

 

 

 

 あの後半43分から悪夢が始まり、レッズはほぼ掌中にあったタイトルを失い、

ガンバは3冠をとり、ゼロックスでもレッズはガンバの軍門に下った。

おまけに、あの試合のあとワタシは謎の食中毒になり

ほぼ1週間まともにメシが食えなかった。(関係あんのか?)

 

 

 

 

 

 学ぶべきことは挫折の中にあり、

失敗こそが人間を進歩へと導く。

 

 

 

 

 やはりレッズは学んだようだ。

 

 

 

 

 前節もそうだが、焦らず己の力を信じて、ていねいに攻撃し

また、危険を未然に予測して、バランスをとりながら

守備の網を2重3重に張り巡らす。

 

 

 

 

 

 

 そして後半38分のズラタンのゴール。

これを守り切って大きな勝ち点3を手にした。

 

 

 

 

 

 

 しかし、バーをたたいた遠藤のFKはヤバかった。

 

 

 

 

 

 

 あれと、終了間際の宇佐美のシュートが入っていたら、

まったくちがった結果になっていただろう。

 

 

 

 

 

 

 西川なくしては今のレッズはあり得ない。

 

 

 

 

 

 しかし、ガンバ相手にレッズのサッカースタイルをやりとおして勝ったことは

今年、今後のリーグ戦を戦ううえで非常に大きな自信になったことであろう。

 

 

 

 

 

 

 ああー、現地に行きたかったー(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ