ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.11.10

オーラル・フレイル


 先日の「あさイチ」の特集は「オーラル・フレイル」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーラル・フレイルは

「Oral=口の」と「Flailty=虚弱」を組み合わせた造語で、

「口腔機能低下症」と訳されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともとは2014年日本老年医学会が2014年に提唱した

「フレイル」の派生概念として設定されたと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「フレイル」とは健康な状態と要介護状態の中間に位置し、

身体的機能や認知機能の低下が見られる状態のことを指します。

そのまま身体機能障害に進む可能性がある状態ですが、

適切な治療や予防を行うことで

要介護状態に進まずにすむ可能性もあるという概念です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 咀嚼や嚥下ならば、耳鼻咽喉科領域かと思いきや、

出てくる先生はみんな歯医者さんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「オーラル・フレイル」は

日本歯科医師会が大々的にアピールしているモノらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近の歯医者さんは必死です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシの子供時代は、クラス内で虫歯のない子供はまれで、

歯医者さんは学区内にいっぱいありましたが

どこの歯科医院もいつも混んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、少子化と、子供の歯の衛生環境が急速に高まったことで、

この半世紀で劇的に虫歯の子供が減少したと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 歯医者さんは、歯痛の子供を待っているだけでは、

おそらく商売が成り立たなくなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何とか、新しい病気や顧客を「発掘」しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、インプラントをやったり、

矯正歯科をやったり、いびき改善のプロテーゼを作ったり、

老人の誤嚥性肺炎の問題にも介入するようになっているようです。

審美歯科なんつーのもあったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 嚥下の学会では

日本耳鼻咽喉科学会の関連学会である

「日本嚥下医学会」の会員数が1290人なのに対し

歯科医師が作る「日本摂食嚥下リハビリテーション学会」は

会員数が16000人を超えるそうです。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに耳鼻科医の方の「日本嚥下医学会」の設立は1981年、

歯医者さんの「日本摂食嚥下リハビリテーション学会」の設立は

ずっと新しく1994年。

やる気と勢いが違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳鼻咽喉科医師はみな忙しいので、

あまりオーラル・フレイル的なことには関わっているヒマがない、

というのが現実のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくいうワタシも嚥下障害は苦手分野です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本当はもっと医者がきちんと関わらなければイケナイ、

とは思うのですが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、歯医者さんのイメージといえば

ドリルのキュイーンという音でしたが、

ドリルを持たない歯科医が、今後は増えるのであろうか・・・。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ